69歳のホストマザー【前編】

今日でカナダ生活も早1ヶ月。

順調にこの土地に慣れつつあるわたくし。

その1ヶ月間で既に出会いと別れを繰り返しています。

 

というのも、語学学校はその人自身が設定する通学期間が個々に違うからです。

うーん、寂しい気持ちもありますが、

これも留学あるあるの1つ。

出会いに感謝して暮らしていきたいと思います。

 

 

仲良くしてくれたみんな

SO 謝謝🙏

 

 

まず僕が紹介したいのがホストマザー。

彼女はとても良い人で、この人のホスト先で本当に良かったなと感じております。

 

オシャレだし

Margarita

 

 

元気だし

 

チャーミングだし

 

元気過ぎて圧倒されます笑

 

 

 

彼女は僕がすることにおかしいと感じると

You crazy!!

(たまにこめかみをトントンしやがる笑)

 

 

と言われるので、

僕も負けずに

No,you crazy!!

と言って応戦します笑

 

そうなったら

不毛なクレイジー合戦の始まりです。

(もちろんジョーク)

 

 

 

69歳にして平日15時−24時の仕事をこなす彼女。非常にパワフルです。

彼女には3人の娘がいて、長女と三女は既に結婚して家を出ており、

次女と2人で暮らしています。

 

旦那さんのことは聞かなかったので、

きっと女手一つで3人を養ってきたんだと思います。

本当にすごい女性だと思います。

とてもエネルギッシュな彼女を尊敬します。

 

 

時々お金の話になると指を擦り擦りして

「お金を稼がないといけないのよ」と冗談交じりに伝えてくるのも込みで。笑

 

 

彼女は基本的にとても元気ですが、

僕がいる間一度だけ体調を崩したことがありました。

 

それはもう、咳がひどく仕事も休むほどに。

辛そうだったので、一本だけあった葛根湯をあげました。

 

 

Oh, thank you.

と言ってそれは素直に飲んでくれました。

 

ただそれでも咳が止まないので、

マスクを渡そうとしたら、

No!! I don’t need!!

と何故か突っぱねられました。笑

室内乾燥してるし、

空気悪いからした方が良いよ促しても

 

No!!

と言い、むしろお前がつけろばりに言われました。

(僕がタバコ吸うから)

 

なんやこのオババは笑

 

めちゃめちゃゲホゲホ言いながら執拗にマスクを嫌います。

風邪が移りそうだからしてほしかったんですが、

予想に反することなく普通に移りました笑

 

彼女と僕の部屋は真隣だしね。

 

彼女が回復し、僕がマスクを着けていると

「パーティー行けば治るわよ」と言い出しました。

 

僕は思いました。

 

マスクしてくれていれば

たぶん移らなかったわよ!!

 

と。

 

【後編につづく】https://ryugaku-gear.com/2019/03/ryosuke/85050