航空券のキャンセルと変更について 〜急な病気や怪我の場合

意外と知られてない事実
先日、こんなTweetを見かけました。
いいねとリツィートの数が大きくなっていて
コメントを読むと初めて知った方も多いようでした。

https://twitter.com/zubora_tsuma/status/1110161265563820032

あ、そうか、
事前に知っておいた方が
助かることかも!
わたしも当事者になって初めて知ったし、
ということで記載します。

 

体調悪くてフライトが超不安。
わたしも体調が悪化し、
フライトの変更したことがあります。
出発日当日どうにか空港に着いたのですが、
変更可能だということは、
カウンターで初めて知ったようなものでした。
(変更やキャンセル規定を読んだつもりでしたが
行く前に詳しく調べておけばよかった!
自宅を出る前に手続きができたはず…)


変更後のフライト

その時の予約は、航空会社のHPから直接購入したものでした。
全てのフライトを一括購入していました。
変更した行きのフライトは、以下の通りです。
1)国内便
2)国際線
3)現地乗り継ぎ便(コードシェア便)
と3つのフライトが含まれます。

ただし、3)の便が確保できないと言われ、
自分で手配することになりました。
推測も含みますが、コードシェア便で
運航が別の航空会社だったためと
運賃が予約時のものを大幅に超えたためのようです。
(残席数で値段が変わったりするため。)
ここまでで変更手数料や追加料金はかかりませんでした。
3)についての返金はありませんでした。

3)は現地の国内移動を陸路に変更しました。
(寝台列車を利用。これも楽しかったですよ!)
この追加の交通費に関しては、実費で2万円近くかかりましたが、
帰国後に海外旅行保険に申請して全額カバーされました。

ハイシーズンだったにも関わらず、
ほぼ同じような行程で席が取れたのは
かなり運がよかったと思います!!
こちらは、変更後の希望の日程によっては
やはり席が確保できない場合もあるようです。
また、特別食などは対応できない場合も
あるかもしれませんので、
航空会社には確認が必要です。

 

知っておくと安心。
海外への移動は、長時間になるものが多く、
荷物も抱え慣れない場所を動く場合は
体力も知らずのうちにかなり消耗します。
それが体調が悪いとなるとかなり不安ですよね。
どうしても出発が難しい時は、
変更やキャンセルも可能だと知っておくと安心です。
それに、キャンセルした場合でも、診断書があれば
取消・払戻手数料なしで払い戻しを受けられるので、
金銭的なダメージも少なくて済みます!
加入している海外旅行保険がどんなものを
カバーするかも確認しておくとさらに安心です。
病気や怪我は、もちろんない方がいいですが、
万が一のために「知る」ことで
不安は小さくできます^^
皆様が安全に旅できますように!

 

 

おまけ(参考資料)
1. ANAのサイトから

国際線の規定については、国内線のように
あまり詳細が記載されていないので
窓口やカウンターで確認が必要です。

2. JALのサイトから

国際線の病気や怪我による変更・キャンセルについての
Q&Aページが探せませんでした。
国内線は上記の通りです。

どちらのサイトについても、
2019年3月31日時点のものです。

こまつきょうこは、海外へ行きたい人を応援します!
こまつきょうこ自己紹介ページ


こちらでも日常のこと、旅のこと、イラストなど公開しています。

よかったらぜひフォローしてくださいね。
instagram
note
twitter

 

留学やOne projectが気になったみなさま、
まずは Enginnier Limited の留学カウンセラーの方に相談してみましょう!
どんな小さな夢だと思うことでも、しっかり向き合って聞いてくださる方々です。
相談先は以下のフォームから:

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考