ダブリンの気候について!

 

ども

 

Koheiです

 

本日のウォールペイントはこちらです。

 

 

アイルランドに留学する!と日本の友達とかに言うと、よく寒い国だよね〜!と言われます。アイスランドと間違えているのか….。実はアイルランドの寒さは日本とあまり変わらないのです。むしろ、日本の方が寒いという人もいますし、実際気温は日本の方が低いです。アイルランドは寒い期間は長いですが…。春夏秋冬の気温ら気になる降水確率もみていきましょう。

 

 

① 気温

[春]ダブリンの3月、平均気温6.6度。5月になると10.6度に上がります。東京は、3月で8.8度、5月で19.6度なので3月はダブリンの方が寒いですね。ちなみに昨年の4月に留学にきましたが、とても寒かったのを覚えています。基本、雪が降らないダブリンですが、昨年の3月大雪が降り、お店や交通機関全てストップしてしまったみたいです。5月あたりからやっと春らしくなってきますね。

 

 

[夏]最も暑い7月〜8月でさえ、30度を超えることはなくとても、過ごしやすいです。ダブリンの8月の平均気温が15.4度。東京は、29.1度なので、どれだけダブリンが過ごしやすいかがわかります。

 

 

[秋]9月頃から気温は下がり始めます。9月のダブリンの平均気温が13度。11月には、7.3度になるのでこの時期にぐっと寒くなります。11月にはもうコートが必須になりますね。

 

 

[冬]12月ダブリン平均気温6.1度、2月5.5度。東京は、12月平均気温7.3度、2月5.4度。こう見ると、そう。東京と変わらないのです!!!寒さを感じるのはダブリンが早く、寒い期間も長いですが、気温自体は変わらない。ただ、ダブリンは風が強い。僕の意見ですが、風が強いので、日本よりも寒く感じることもしばしば….。

 

 

②降水確率 ☂️

ダブリンは天気が悪いとよく耳にします。ダブリン好き?と聞くと「好きだけど….天気だけが…」と答える人が多いほど。ダブリンは、日本のように一日中どしゃ降りに雨が降ることは、滅多になく、一日のうちの数時間だけ降ることが多い。雨宿りをすれば、いつのまにか雨が止んでいることもよくあります。雨が多いと言われていますが、短時間で止むため、日本の梅雨時期の1/3ほどの降水確率が年間降っていて、実は日本より多くはないのだ。

 

 

③日照時間

夏はとても日が長く、夜11時まで暗くなくなりません。しかし冬になると、朝7時あたりまでも、まだ真っ暗。8時あたりからようやく明るくなってきます。なので、朝が起きにくい!!!!!冬場の寒さの上に暗いと気持ちが滅入ってしまうという人も少なくありません。ちなみに、日の入りは日本の冬場と同じぐらいです。

 

ダブリンは、特別寒いというわけじゃありませが、寒いのが苦手な方はおすすめしません。暑いのが苦手、寒いのが大好きという方にはもってこいの国ではないでしょうか!

 

 

ではこの辺で☺︎

 

Kohei

 

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考