牧師と神父って何が違うの? 【みんなの知らない宗教の話③】

牧師と神父

 

Hallo!
Haloです!
前回は関連する3つの宗教について書きました!

まだ、そちらを見ていない方はこちら!

 

今回は、キリスト教の話。
みなさんはたま〜にキリスト教のことを見聞きする時に
牧師っていうのが正しいのか神父っていうのが正しいのか気になったこと
ありませんか?

 

実はどちらも正しいんです!
呼び方の違いは、大きく分けて2つあるキリスト教派に起因します。
その2つがプロテスタントカトリックです。

 

まず、キリスト教の歴史から見て、古いのはカトリックです。
では、なぜそれが大きく分けて二つに分裂したのか。

 

時は16世紀初頭
1515年に当時の教皇であったレオ10世が贖宥状なるものを販売します。
これはサン・ピエトロ大聖堂の建築の為の資金として販売されました。
しかし、教皇はよほど資金が欲しかったのか
本来は、悔い改めなどが必要な「罪の赦し」を
お金を払って贖宥状を買うだけで、罪が赦されるといって販売したのです。

 

1517年
当時、ヴィッテンベルク大学神学教授であったマルティン・ルターは
これに抗議し、95ヶ条の論題という贖宥状批判をヴィッテンベルク城内に貼り付け、大きな話題を呼びました。
それに怒った教皇は、ルターを破門。
そこからプロテスタントが生まれていくことになります。

 

タイトルにある神父と牧師の違い
それは、プロテスタントとカトリックの違いだということです!
プロテスタントは牧師
カトリックは神父です。

今日はここまでとなります!
次回は、

プロテスタントとカトリックの違い 2つの共通点をお届けします!

お楽しみに〜!

 

Halo

 

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考