語学留学生必見。事前勉強のポイント(初級者)

   こんにちはAKIEです

ご無沙汰しておりました 😛 

3月ですねぇ~~

日本の友人から、桜の開花報告をもらいました。

日本はすっかり春モードなんですねぇ♥

こっちは、今日もスノーストームで

雪に覆われているというのに。。。。笑

 

さてさて、今日は3月のお題

「カナダ留学に挑む4つのいろいろ」

あら・・えらいザックリした内容(笑

いくつか選べるお題があったのですが、

かれこれ1年にわたりブログを書いている私には

以前に書いたものばかり 🙄  🙄

なので、今日は私がモントリオールの語学学校に

通ってみて、実際に必要だったと感じだ

事前学習について、と

留学に向いている人、向いていない人

について書きたいと思います 😛

事前学習

私が留学前にしていた事前学習は

ズバリ文法。。

高校生卒業以来10年間ほど英語に触れずに

暮らして居た為、留学前の私は

中学生英語すらよくわかっていないレベル。

よく例え話に「this is a pen]レベルの英語力

とか言うけど、まさしく私はそのレベルだった(笑

一度、外人さんに駅までの道を聞かれたんだけど

「えっと、道を渡ってそのまままっすぐ15分ぐらい歩くと

地下鉄のマークが見えて・・・・・

go straight ? cross the street??way??15minute?????

え、わからん!!!なんて言えばいいの????

みたいな感じだった。笑

留学を決めてから、オンライン学習を基礎の基礎

から始めたけど、受講中に間違いを指摘されても

何が違うのか理解するまでに至らず(笑

「あ、なんか違うってゆってるな」みたいな(笑

↑その場を切り抜けるのでいっぱいいっぱいだった(笑

このままではダメだと、

とりあえず中学生時の英語の参考書を

読み直し・・・・(笑)

だけど正直全然進まなくって(笑

たぶんこの時の私は、英語というものを

何もかも忘れてしまっていたので、

いったい何からやっていいのかもわからず

文法解説のyutube見たり、参考書解いてみたり

はたまた英語の勉強法とかいう動画を見てみたり(笑

あっちこっちに散漫して、結局「わけわからん!」

みたいな、、、典型的な勉強できない系女子の道を

進んでました(笑

そんなこんなで渡航し、現地で学校に通い始めて

私が最初に困ったこと。。。

それは、、

単語がわからなさすぎる!!!!!

文法は学校でしっかり習うので大丈夫なんです

でも問題はそれ以前の事。。

単語がわからないと、先生がどんなに丁寧に

説明してくれても、な~んにもわからないの(笑

たとえばね、[prediction](予測)

って言葉がわからず質問すると[guess]

と似たような意味だよ、って教えてくれて。

でもguessの意味もわからなくて(笑)、今度は例え話として

「a fortune-teller predicts the future!」

(占い師は未来を占う(予測する)でしょ??)

って教えてくれて。

でもさ、フォーチュンテーラー(占い師)

の意味もわからないと

結局なにがなんだかさっぱりわからないのさ。。笑

んで、先生もお手上げになるわけ(笑

ってなわけで、

全ての単語を知っている必要は無いけど、

渡航前に出来るだけ多く覚えておくことを

私はオススメします。

それから、これ私だけじゃなくて結構日本人

留学生から同じ経験談を聞くんだけど、

文法に関する単語

これはぜーーーったいに覚えていった方が

良いと思います。

日本では学校で英語を学ぶとき

主語(s)・動詞(v)・目的(O)をつかって

習うでしょ?でも海外で授業を受けると

[subject][verb][object]ってフルの単語で

説明されるのね。

あたりまえだけど、この辺あいまいにしてると

文法の説明されてる時にそこでつまずいて

内容が全然頭に入ってこないの。

んでもってボードには(adj)形容詞(adv)副詞

とか省略形で書かれるから、最初の頃の私は

「アドバーブって何!?ボードのadvは副詞の略ってこと?」

みたいな調子で大混乱(笑

それからたとえば

present simple(現在形)

present countinuous(現在進行形)

passive voice(受動態)

past participle(過去分詞)

などなど、日本語では知ってるけど、これ

英語でなんて言うの??ってわからない人は

事前にスラスラ言えるくらいまでは

覚えていった方が良いです。

めちゃめちゃ授業中混乱しますからこれ、ホントに(笑

文法はね、何とかなります。

学校行くなら一歩ずつ学んでいけます。

でも単語は自分の努力次第。

単語をたくさん知っている人は長文読解も

早いし、リスニングでも意味をキャッチしやすいです。

次のページへつづく