ニュージーランド北島旅行~その③~Waiheke Islandリベンジ!!

おはようございます。こんにちは!こんばんはー!!
さて、前回はホビット村とワイトモについてご紹介いたしましたが、今回はWaiheke Islandのリベンジです!!
もしブログをご覧頂いている方であれば見覚えのある場所かと思います。
実は、以前にもWaiheke Island に関する記事を書いておりました。(参照:世界で訪れたい場所第5位に選ばれた「Waiheke island」へ行ってきました)
ただ、その時はあいにくの、そしてワイナリーに1ヶ所しか行けなかったんですね。
そのリベンジということで、改めて記事にしました!
今回は天候も良く、何か所かワイナリーを回れたので、とても満喫することが出来ました。
前回の下調べの結果、お得なのは
フェリー&バス乗り降りし放題のチケット  フェリー&バス代共にチケットを購入せずAT HOPカードを使用する
という結果に至りました。
今回、それで行ってみようということで、AT HOPカードのみを使用して移動しました。
チケットを購入する手間も省けるので、かなり楽というのもあります。
結果的に、どれだけまわるかにもよりますが、$10~15は安く済ませることができました^^
では早速、当日のスケジュールについてです。
翌日は朝早く出発しなくてはいけない、というのもあったので、
なるべく早く出発するフェリーに乗ろうということになりました。
朝9時に出発するフェリーに乗り込みます。
到着してすぐにバスでWaihekeのダウンタウンへ向かいます。
まずはワイナリーに回る前にお土産屋さん巡りです。
結構掘り出し物があったりします^^
お店とは全く関係ないのですが、個人的にこのペンギンが自撮りしているオブジェがツボです。

そして、ダウンタウンを見尽くした私たちは、
もう一ヶ所カフェや雑貨屋さんがある場所へ移動。
そこでも色んな雑貨屋さんを巡り、ちょうどお昼になったので、おしゃれなカフェに入ることにしました。
【Timbuktu Nomadic Deli

↓内装はこんな感じです。

頼んだものが見た目以上にボリュームがあり、お腹いっぱいになりました。
ビーガン料理もあります!
その後、いよいよワイナリーへ^^
バスで向かうのですが、一個手前のバス停で降りてしまいました。
しかし、そういう失敗が良いものに出会わせてくれることが多々あります。
↓なんとなく海外っぽいと思って撮った看板。

そして、ワイナリーまであと200mぐらい!
ってところまで来た辺りで、遭遇。
↓あ、アルパカ?目が合った。

ちょっとずつ近づいてみる。
ちょっとずつ・・・
少し右側に・・・
・・・。

いやまだ見てる。
こっちからすれば、いやカメラ目線ありがとうございます。
って感じですけれども。
段々愛おしく感じてきました。
そこを通り越して辿り着いたのがこちら。
【Wild on Waiheke】

ここではワイナリーの他にもアーチェリーやクレー射撃、

巨大チェスなどのアクティビティもありました。

↓お姉さんにワインを用意してもらったのですが、今日は日本人のお客さんが多いわ~と言っていました。


↓メニューがこちら(影になっていてとても見にくいです。すみません。)

Waiheke island産の ロゼ2018 と シラー2016を試飲しました。

こういう時、めちゃくちゃワインについて詳しければスラスラと書けるのですが、
そんなに詳しくない私が言えることはただひとつ。
「ニュージーランドのワインは飲みやすくて美味しい」
これに限ります。笑
ソムリエの人が見たら鼻で笑われそう。
数人ソムリエの知り合いがいるのでこんな伝え方したら怒られそう。
私のモットーは「I’ll follow my heart and intuition(自分の心と直感を信じる)」です。
ということで最終的に出た言葉が
「ニュージーランドのワインは飲みやすくて美味しい」なんですね。(ただの言い訳)

さて、続いて先ほどのワイナリーの近くにある
【Stonyridge Vineyard】へ向かいます。


↓この乙女心をくすぐる外観は何。

ここでは2種類のワインをテイスティングしました。

↓お兄さん、様になるねぇ~。

こっちに来てから「絵になるわ~。様になるわ~。」って何回言ったことか。
↓写真用にラベルも見せてくれました。

ニュージーランドに来てから飲んだワインで、
今のところひとつもハズレがありません。
私はニュージーランドのワインがかなり好きなようです。
次にもう一ヶ所訪れたのですが、
試飲にしてはポーションが多かったので諦めました。
しかし、ここにたどり着くまでに動画でリポーターっぽく撮っていたので、
気持ち残念。笑
さすがにその動画は身内ネタすぎるので載せられません。
しかしブドウ園の景色の写真だけ載せておきます。

本当に良い天気に恵まれました!
その後、そろそろ海に行こうか!ということになり、
前回あいにくの雨で残念な様子だった海「Onetangi」へ!!
↓今回の海はこんな感じ!!

おお~!!綺麗!Beautiful!!!
テンションも上がりますわ。

友達はこっちに来て水着を買ったので、新調したての水着を着て泳いでいました。
私はそれを動画で撮っていたのですが、なかなか水に浸かりそうで浸からないので、
勝手にへたくそな実況付きで動画を撮ってやりました。へへへ。
しばらく実況っぽく動画を撮るのにハマりそうです。
動画って思い出に残るので本当に良いですね。
トップの写真も今回のOnetangiです。
めちゃくちゃ綺麗~。最高でした。
しかし暑いので、アイスクリームが必須。

ビーチ沿いにあるアイスクリーム屋さんでブラッドオレンジのアイスクリームを食べました。
そして、もう一回ワイナリー行ってみよう!とのことで、そのビーチに近いワイナリーに行こうと思ったら
もう閉まっていたので、その時間に空いている他のワイナリーへ行くことにしました。
ただその時間帯、バスを待っている時間が長く、
またアイスが食べたくなってしまいました。笑
前回来た時に、ダウンタウンにある↓のアイスクリームが人気だとガイドさんから聞いたので、
ワイナリーに行く前に寄ることにしました。

シングルよりも小さいキディーサイズにしたら、
お兄さんに、キディーサイズって子供用じゃん!シングルサイズにしなよ!って言われました。
いやお兄さん、これ今日で2個目のアイスクリームなんです。
味はパイナップルランプス。(パイナップルにチョコレートが入っている)

ニュージーランドでのアイスクリーム消費量本当にすごい。
アイスクリームを食べながら歩いてワイナリーへ。


【Cable Bay】

ここで、テイスティングをしようと思ったのですが、
テイスティングの時間が終了してしまっていたので
普通に単品で白ワインを頼みました。

合計5種類のワインを飲めたので、私としてはとても満足^^
ただ、注文している間トイレに行っていた友達は日焼けと格闘していました。
「ちょっと、やってもたかも」と言っていたのですが、
見た感じそんなに酷くなかったんですね。
なのでそんなに大したことではないだろうと思っていたのです。
が、、、段々時間が過ぎていくにつれて肌の色が真っ赤になっていって
おでこまで真っ赤になってしまっていました;;
私の友達は本当に肌が白くて、黄色の要素がほとんどないんですよね。
だからかは分からないですが、赤くなるのが一瞬でした。本当に見るのが痛々しいくらい;;
海に入っている時間も1時間足らずだったのですが、背中まで真っ赤になっていました。
ニュージーランドの日差しの恐ろしさを改めて実感しました。
皆さんも、日焼け対策は怠らないようにしましょう!!!

少し話は逸れましたが、そのワイナリーで時間を過ごした後、
google mapを確認したところ徒歩15分でフェリー乗り場まで行けるので
歩いて帰ることにしたのですが、
ワインを飲んでいたからなのか、ただ単に方向音痴なのか、
しょっぱなから道を大きく間違えて、かなり遠回りをしてしまいました。
当初は15分程度で着くはずの所を、50分かけて帰りました。笑
しかし、失敗しても良いこともあるのです。
野うさぎと遭遇~~~^^かわいい☆

結構見にくい場所に居たのですが、友達がふと見つけたのです。
すごい。
今日は失敗したら動物に出会える日なのかなと思いました。
そしてさらに、ナイスビュー!!

おお~。回り道をして良いことって本当にあるもんだ。
と思いながら私が左に向かって普通の道に戻ろうとしたら、
「さき、ちょっとまって、道こっちじゃない?」

とさしている地図の方向が細い山道(けもの道)。
・・・これ、行くの?笑
でも確実にこの道しかありませんでした。
この写真で見てもおわかりいただけるかもしれませんが、
フェリーが右から出てきているのに私は左に行こうとしていた。頭が働いていなさすぎる。
ということで、ワイヘケで簡単なトレッキングも経験することが出来ました!!イェイ!!笑
結果、無事にフェリー乗り場に到着することが出来ました。
色々ミスしても付き合ってくれた友達に感謝です。
それでも楽しく時間を過ごせて、本当に出会えて良かったな~と改めて実感。
家族、友達、恋人、信頼できる人。
きっと誰にも必要だと思います。
いつも誰かが居てくれるから、支えられて生きているな~と実感出来ます。
常にありがたみを感じて生きる、難しいことかもしれないけれど、そんな人生を送りたいです。

≪前の記事へ | Sakiの記事一覧 | 次の記事へ≫

質問・ご相談などあればこちら↓またはプロフィール欄からお気軽にお問い合わせ下さい。
【twitter】@Saaakiii20
【Facebook】

【リニューアルしました】Sakiの新しいブログ