ヲタクOne(65)ハンドキャリーという仕事

Twitterとインスタやめました。

 

どうも、8ヶ月前に留学を終えている6代目フィリピンOne てんです。

 

某日にLINE以外のSNSをやめたら、毎日9時間の睡眠時間が確保出来るようになりました。正確には、iPhoneのアプリを消しただけなのでアカウント自体は残っています。調子良いと夜9時には就寝して、スッキリ起きれるので朝食のトーストが物凄く美味しく感じて、勉強時間も確保出来てしまって。本当に今、笑えるほど生活が潤っている気がします。ゲラゲラですわ。

容量増えて軽くなったし、充電の持ちも良いし、今のところSNS止めて良いことしか起こってないです。軽めのオススメです。

 

 

さて、前回の記事に引き続き、留学を終えてからのことを更新していきます。

 

~本日のセットリスト~

1.マレーシアの企業を受けてみる(前回)

2.ダイビング雑誌の編集者を受けてみる(前回)

3.Enginner Limitedの転職支援サービスを利用(前回)

4.決まりかけた就職先を断る(前回)

5.とりあえず期間限定のアルバイトで凌ぐ(前回)

6.希望職を見つけるも募集期間外のため、他部署に就職

7.運良く念願の仕事を始める

 

 

6.希望職を見つけるも募集期間外のため、他部署に就職

 

前回の最後にちょろっと書きましたが、「ハンドキャリー」という仕事に興味を持ちました。

 

ハンドキャリー、あまり聞き馴染みの無い仕事ではないでしょうか。

 

例えばオタクの私、明日の札幌でのライブに向けて前乗りするも、現地に着いてから「家にチケットを忘れて来た!!」と青ざめたとします。大事な大事なチケット、郵便や宅配便では速達でも明日には届かないかもしれません。そんな時、誰かが持って来てくれないかな~?と思いませんか。

 

その誰か持って来てくれる人が、ハンドキャリーです。

 

 

超スーパー特急の大事なお荷物を、発送元からお届け先まで直に運ぶお仕事です。自転車で荷物を運ぶメッセンジャーや、バイク便なんかと同じ類です。ハンドキャリーは、公共交通機関の電車やバスを使いながら配達をしています。

 

そして配達範囲は、日本全国に及びます。

私はまだ、新幹線の範囲しか行っていませんが、飛行機に乗って奄美大島まで届けに行った先輩や、配達で47都道府県を制覇したレジェンドもいます。都内近郊の仕事が圧倒的に多いですが、「今から長野に行って来て」と急に遠征の案件が入る仕事なので、毎日どこに行くか、何時に終わるのかが分からない状態で働いています。新幹線や飛行機を駆使して、日本を飛び回ります。私の場合、猪狩くんに会いに行く前日は100%の確率で仕事遠征していますね。

 

単純に、楽しいです。

 

 

基本的には都内を歩き回っているので、思わぬ出会いなんかもあります。ジュニアの子には5回すれ違いましたし、キンプリの子にも街でばったり会いましたし、電車乗ったら元バイト先の店長がいたり、六本木ではEnginnier Limitedの大ボスにもすれ違いました実は(笑)めちゃめちゃ急いで配達をしていたので話しかけられませんでしたが。意外と知っている人って街に出くわしているんだなと驚いています。

 

アイドルとばったり遭遇記念のケーキ

 

 

8kgぐらいある物を背負いながら、走ったり階段駆け上がったりするので、自然と良い運動にもなっています。冬でも汗かいてます。

 

根が移動好きなので、乗り物に乗ることが好きで。アイドルのオタクじゃなかったら絶対に鉄オタの乗り鉄になっていた自信があります。もちろん新幹線も好きなのですが、ポンポン乗るわけにもいかないので、仕事で乗らせていただけて超嬉しいです。

 

遠征の場合、配達が終わったら基本的には自由ですが、長居するわけにもいかないので、ご当地物をテイクアウトするのが楽しみです。

この時京都へは朝一で行ったので(オタグッズと共に)、帰りの新幹線で朝ごはんを楽しみました。

 

始発の新幹線は、恋愛ゲーム観強いですね。

※乙女ゲームの正解は分かりかねます※

 

 

各地の文化・風習を知るには、短時間の滞在でも充分です。

長野県松本のローカル線・JR大糸線に乗って、柏矢町駅に行った時ですね。

 

分かります??

①JR線においてICカードが使えない。

②時刻17:45にして、駅員さん不在というホワイト企業。

③券売機が無い。

 

よって、松本駅からSuicaピッとして乗った私は、無賃乗車になってしまいました。。

 

 

がしかし、次の写真で解決。

 

乗車駅証明書なる物が存在していたなんて、私もまだまだ未熟だった。という動揺から写真がブレました。

 

それを発券するためだけの機械が存在することもムネアツ。この証明書を持って松本駅に帰り、正直に駅員さんに無賃乗車してしまったことを白状して、往復分の運賃をしっかり払いました。ちゃんちゃん。

 

松本城もちゃんと見られました。

 

 

【2/12 20時追記】

「飛行機の範囲はまだ配達していません」と書きましたが。ブログを更新したまさにその日、退勤30分前に北海道へ飛ばされております。現在、JAL 機内Wi-Fiサービス絶賛利用中です。

本日は北海道に一泊し、明日はスッピンで稼働となるでしょう。本当に、何が起こるか分からない仕事で笑ってます。美味しいラーメン食べたかったから嬉しい。

 

 

 

 

そして、その荷物を海外まで運ぶお仕事が「国際ハンドキャリー」です。

 

日本全国に配達しているだけでは、英語を使う機会どころか、人と接する機会があまりありません。そもそもで私がハンドキャリーという仕事を知ったきっかけも、国際ハンドキャリーがきっかけでした。英語を使う機会があり、仕事として海外渡航が出来ることに魅力を感じまくりました。

 

しかし、国際ハンドキャリーはとても人気のある仕事で、2018年9月の段階での求人を見つけることが出来ませんでした。

しかししかし、そこで諦められるほどでもなかったので、「ひとまずここの会社に入社して、コネでも何でも国際ハンドキャリーになれるようにしよう」と、同社の国内ハンドキャリーとして業務を始めました。

 

 

 

7.運良く念願の仕事を始める

 

結果として、今、国際ハンドキャリーの仕事もやらせていただいています。

もう本当にこれは、運が良かったとしか言いようがないです。

 

 

先程も申し上げた通り、国際ハンドキャリーを希望していましたが、求人は出ていませんでした。そこまで需要のある仕事でもないので、人数も要らないんですね。

しかし私は国際ハンドキャリーの仕事をやりたくて仕方がなかったので、面接の際も伝えましたし、研修で都内の配達している際にも外国人観光客に話し掛けるなどして、社員の方に「私は英語が話せるんだ」を猛アピールしました。赤坂見附駅のエレベーターで同乗したオージーに、私の腕時計を差しながら「日本製のカシオは素晴らしい!」と褒められたりね。10秒ぐらいのエレベーター移動時間も、貴重な英語タイムです。

 

 

そしてそのタイミングで起こったのが、台風による大型船舶の関空連絡橋衝突。

これにより関西国際空港が閉鎖となり、関東での国際ハンドキャリーの需要が高まり、現在いるハンドキャリアでは人数が足らず、国内ハンドキャリアの私にまで「海外便も担当出来ないか?」と話しが回って来たのです。

 

入社して2週間ほどで声がかかり、3ヶ月で正式に契約を交わすことが出来ました。有難いことに、物凄いスピードで希望の職に就くことが出来ました。いや~自分で言うのもあれですけど、タイミングと運を持っていましたくわばらくわばら。

 

 

 

実際に国際ハンドキャリーの仕事を始めたのは今年からで、現在2ヶ国へ配達へ行きました。始めは近場からということで、上海とソウルです。

 

いや、もう、緊張感がまるで違いますね。

仕事で海外渡航するという緊張感、物凄いです。

 

国際ハンドキャリーの場合でも、基本的にお届けが終わってしまえば仕事は終わりで、且つ空港で荷物を渡し終えてしまいます。

帰国のフライト時間までは、現地で観光しても何しても自由です。しかしながら、海外旅行の時よりも「帰国便に乗り遅れちゃいけない感」が強く、日帰りだった上海では怯えて空港から出ませんでした。3回目の上海ですら、この緊張感です。仕事ってこういうことだなって感じながら、もがきながら英語も使って仕事をしています。

 

 

それでは、仕事として向かった思い出をちょろりと。

まずは、中国・上海。これを機に、日帰り海外”済み”の世界に入りました。

 

私は中国に好かれるオンナなので(ヲタクOne(45)参照)、最初の渡航はやっぱり中国でした。

始発で成田空港に向かいました。初めての仕事を迎えるには、最高の天気でした。

 

上海っぽいのはコレぐらい。空港内の壁です。

 

上海は空港付近でも、クレジットカードが使えず、キャッシング機求めて広い空港歩き回りました。辛くて泣きながら食べましたが、美味しかったな~。

 

大仏様の頭みたいなワッフルが美味しくて美味しくてまた上海に来たい。と思ったら、これ香港の名物らしいですアハ。

 

ちょっと際どいミニオンのお菓子。

 

上海は強めの雨でした。そうさ私は雨女。

 

 

 

続きまして、1泊2日の韓国ソウル

大韓航空で唯一あった邦画が、見損ねていた「ラプラスの魔女」で万歳。ソウルは近いので、映画1本見るのに必死です。

 

ホテルまでの行き方を聞いたら、肝心な降りるバス停が韓国語で泣いた。

 

スタバだと思うじゃん?

 

極寒過ぎて外食を諦めた、反省会。

 

辛ラーメンご自由にどうぞ状態だった朝食バイキング。

 

ホテルの近くに、アホみたいに広くて人のいない公園があったので、

 

こんなことしてたら1時間経っていたね。※25才 ※海外

 

オプションのサイドメニューが大充実。これで700円。

 

シャトルバスを乗り間違えて、1時間のロスタイム。まさかの車庫に辿り着いたぜ。

 

韓国にはビジュアル盛り盛りの食べ物がいっぱい。めちゃ甘でめちゃ旨。

 

 

と、こんな感じで月に1,2回、海外へ行っています。

オタグッズこそ持っているものの仕事ですので、責任はド重くて、初回は足が震えるほど緊張していました。足が震えるなんて、コンサート以外では久しぶりの体験。

まあこの緊張感を失った時こそ危険ですので、気を抜かず従事したいと思います。今月はどこに向かうかな。

 

 

 

さて、2回に渡り留学のことについてブログを更新しました。ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

英語を使い、自分の興味も惹かれる仕事を始めることが出来ましたが、その機会は1ヶ月に多くても2回なので。昨日新たに、英会話教室のアルバイトに応募しました。この半年で、履歴書何枚書いたかな。

 

一生この生活スタイルでもないと思いますので、来たる将来に向けてしっかり英語の勉強は続けていきます。

 

 

 

はあ。

 

これまでもずっと、英語の環境に長期で居たい想いはあったのですが。早い話しが「嵐の活動拠点が日本だから」という理由で、ワーホリにも海外在住にも手を出さずに来ました。私は、、2021年からどう生きていけばいいんだか。

 

先のことを考えたくない思いもありますがとりあえず、

 

 

 

 

 

今年も確定申告の時期がやって来たよ。