【22】ひとりでビーチへ!闇と病み日記🍊

 

こんにちは、アラサーみかんです🍊

 

人々がものすごくパワフルで、

明るくて、

生命力に溢れた街、

マニラ。

 

どこへ行っても若者、若者、若者!

数年前の時点では確か、平均年齢20代。

 

そんなパワフルな街の中、ボーッとフラフラ

道を歩いているとやられます。

やはり私は外国人。

毎日、多少の緊張を持って暮らさなくては

なりません。

 

社会人3年目に差し掛かった頃、

特にマニラ市にいることが苦しくなった時が

ありました。

家がショッピングモールのすぐ隣という

有難い環境でしたが、

それはつまり沢山の人、人、人!

 

閑静な住宅街へ引っ越せば良いのですが、

朝の大渋滞を考えるとやはり会社に近い方が

無難。

 

何か心のリフレッシュ方法を考えねば!

と思い実施したのが、

①在マニラ日本人バスケチームの皆で

 ワイワイする

②カフェに行って本を読む(冷房が激寒い)

③ぷらっとプチ旅行に行く(地球と1つに…)

 

とにかく人のいないところへ行って、

盗難の心配をせずボケーっと海を眺めたい…

 

バスとバンカボートを乗り継いで、

マニラから3時間ほどのプエルトガレラへ

旅を思い立ちました。

1泊2日の、ある日のお話。