無意識の偏見や差別。誰でも持っている可能性があることを忘れてはいけない。

今日のはここに書こうかどうか
少し悩みました。
でも、わたし自身を含め、
誰もが当事者になる可能性は
否定できないと強く感じているため書きます。
念のため:
誰かがすでに差別主義者であるから
批判した方がいい!と煽るのが目的ではありません。
最近、Netflixでこんまりさん出演の
リアリティショーを観たから、
彼女を否定するTweetに衝撃を受けた。

それは、アメリカの著名人が
(番組の舞台も彼女の居住地も
アメリカのため)
こんまりさんは英語を話すべきだ、
わたしはこの人が嫌いだ、
などと書いてあったもの。
これに反論し、こんまりさんを
擁護するコメントが多かったようだ。
また、昨今頻発している人種差別問題
にも敏感にもなっている人も多いのに、
えっ、今それ言う?という発言だった。
ご本人は、ジョークがすべったと
書いていたけれど…。

わたしは正直なところ、
先のツィートを読んで最初に思ったのは
「ああ、そっか、言われちゃうよね。
アメリカにいたら英語話せ、って。」
ということだった。
今考えると、わたし自身、差別されることに
慣れてしまっていたのかと気づいて
身震いさえしてしまう。

16歳の時、1年だけ
アメリカに交換留学生として滞在した。
南部の小さな町で日本人さえ珍しかったから
わかりやすいほどの偏見を向けられたこともあった。
その頃は、英語さえもっと話せたら!と
必死に「現地の人」みたいになりたがっていた。
今思えば、「日本人」「アジア人」であるわたしに
明らかに嫌な態度をとる人たちのそれは、
差別感情を含むものもあっただろう。
だけどそれも全て、英語さえもっと話せれば
無くなるかもしれないと思って
英語を身につけるのに必死だった。

だいぶ上達してきても、
日本の歴史まで引用して嫌味を言われたこともあって
(↑これ今なら大炎上ものかも)
「英語ができないせいでこんな目に遭う。
だからこの状態を脱したい」
「そのためには英語をもっと話せなきゃ」
と若さもあって熱くなっていた。
と同時にアメリカで暮らしていて
日本人であることが時々とても煩わしかった。
小さなアメリカ人の子供ができるようなことを
その子の倍も年上だったわたしが
頑張ってどうにかやっとできる、とか
よくあったから。
だから努力できたというのもあったかもしれないけど。
あの頃、受験生の時より勉強していたかも。

幸い、その時期があったから英語は上達したし、
ある大学から奨学金を出してもらえる話まで舞い込んできた。
(結局、進学は日本にしたのだけど)
チャンスは留学生であるわたしにもやってきた。
そういう意味では、成果次第では
チャンスは平等にあるのだとも感じていた。
だからそれまで向けられた居心地の悪い視線や言葉も
あまり気にならなくなったのかもしれない。

先の話に戻ると、
「差別されることに慣れていた」
「差別されていることに気づけていない」
というのは、実はものすごく恐ろしい。
無意識に他人を偏見や差別の目で
見ていることだってありえるからだ。
この “気づかない” ことで負の連鎖を
生み出しているかもしれないのだから。
「しょうがない」とか「気にしすぎ」と
無視した違和感は、それは実はものすごく
大きく自分のアイデンティティに関わるものかもしれないのだ。
他の国に住んでいても、大事にしたい部分は
手放しちゃいけない。

先にあげた、こんまりさんの件を取り上げた記事のリンクを載せます。
アメリカ在住の渡辺由佳里さんが書いたものです。
ぜひ読んでほしい。
次の言葉がビリビリと肌に染みる。

”差別される側のアジア系の私たちにはわかるけれど、その私たちですら、自分たちが体験していないことに関しては、知らないうちに偏見を持ち、それを露呈する発言をしているのかもしれない。” 渡辺由佳里さん

次も、別件であるが人種差別問題を取り上げた記事。
発言の影響で、試写会欠席となった俳優のエピソードについて
意見するあるコメンテーターの言葉が載っている。

“We are all unconscious racists”

というのがバーンズの議論の核で、「人種差別的な考えをしてしまっている自分がいる」ことを認めた人を「差別主義者だ」と叩いていては、「すべての人が差別をしている」という重要な事実が認められず、「差別は悪いことです」という綺麗事だけの世界になってしまう。

記事の終盤に映像のリンクがあるので、
こちらもぜひ観てほしい。

 

 

こまつきょうこは、海外へ行きたい人を応援します!
こまつきょうこ自己紹介ページ


こちらでも日常のこと、旅のこと、イラストなど公開しています。

よかったらぜひフォローしてくださいね。
instagram
note
twitter

 

留学やOne projectが気になったみなさま、
まずは Enginnier Limited の留学カウンセラーの方に相談してみましょう!
どんな小さな夢だと思うことでも、しっかり向き合って聞いてくださる方々です。
相談先は以下のフォームから:

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考