留学したいけどムリ!なんて思ったり誰かにムリだよと言われたら 〜イギリスOneこまつきょうこ

海外行きたい、って
人生で初めて口にした10代の頃。
それを聞いた相手は
「馬鹿言うな」って返した。
留学したい、って言った時は
頭からど否定された。
行けるわけないだろう、って。
その時、その人たちにとっては
バカバカしい絵空事だったとしても
わたしにとっては大事な目標で
諦めるなんて選択肢はなかった。
否定や反対してきた人たちは
わたしの”夢”が実現可能だと
知らなかっただけ。
(それなのに否定されて
たまったもんじゃなかったけど)

だから、渡航して他の日本からの
えっ?反対なんてなかったよ?
って人をみたときの
カルチャーショックは大きかった。
ワーホリなんかだと、
「とりあえず来ちゃった♩」って
人にも会ったから、
わたしのあのすったもんだは
一体何だったんだとガクーッとなった。
親不孝!とか色々言われたなあ(白目)
これってもう環境によるよねえ。。。
行くのやめて、うちの子と仲良くして!
と手紙とプレゼントを送って来た
あるお母様もいらっしゃいました(驚)

「誰かのために夢を諦めた」
なんて一瞬聞こえはいいですけど
挑戦するまで呪われますから(汗)
ウサタローくらいうっとうしいほど
熱くてちょうどいいのかもしれません。

 

 

関連マンガ リンク先:
No Worries!
話す相手を間違えただけ

 

こまつきょうこは、海外へ行きたい人を応援します!
こまつきょうこ自己紹介ページ


こちらでも日常のこと、旅のこと、イラストなど公開しています。

よかったらぜひフォローしてくださいね。
instagram
note
twitter

 

留学やOne projectが気になったみなさま、
まずは Enginnier Limited の留学カウンセラーの方に相談してみましょう!
どんな小さな夢だと思うことでも、しっかり向き合って聞いてくださる方々です。
相談先は以下のフォームから:

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考