【ど素人英語留学】☂雨の日、雪の日に気を付けたいアメリカの”Superstition”☂

 みなさん、こんにちは!

 Sakanaです🐟

 

 昨日は急遽休校になって、何の変哲もない私の一日をブログにしたのですが、、、

 

 今回は、雨や雪の時に知っておいた方がいいアメリカの“Superstition”を一つご紹介します!!

 

 “Superstition”

 この言葉知っていますか?(私は、この言葉の響きが好きです←)

 

 日本語に訳すと、迷信です。

 

 みなさんどんな迷信を知っていますか?

 もしくは信じていますか??

 

 いい迷信もあれば、不吉な迷信もありますよね。

 

 黒猫が目の前を横切ったら…とか、四葉のクローバーを見つけたら…とか。

 

 アメリカでは、13という数字が不吉な数字とされているのは有名ですが、他にもいろいろと迷信があるようです。

 

 ここで、皆さんに質問です!

 

 雨が降った日、雪が降った日、皆さん傘を使いますね?

 家に帰ったとき、どうやって乾かしますか?

(日本で私は玄関先で傘を開いて乾かしていました。)

 

 なにかのタイミングで

 屋内で傘を広げた経験ありませんか?

(私は新しい傘を買いに行った時にお店の中で開いたりしてました。)

 

この、屋内で傘を広げる行為☂

アメリカでは 

 不幸を引き寄せる

と信じられているそうなんです!

 

 知らなかった😿 

 語学学校の先生に聞いたのですが、これは有名な迷信だそうで、屋内で傘を広げられているのを見ると何となく嫌な感じがするそう。

 教室の中で傘を広げて乾かしていた生徒さんが過去にいたそうで、その時は変な気分だったと話していました。

 

 実は、こっちに来てから傘を買う機会があり、大きさを知りたくてお店の中で開いたことがあるんです。あの時に感じた違和感はこれだったのかと(;’∀’)

 知らなかったとはいえ、あの時の私の行動はどう映っていたのか…恥ずかしい。

 そして誰かを不快にしていたかと思うとなんとも言えない気分になりますね💦

 

 迷信も文化の一つ。

 アメリカに来る前に調べておけばよかったなと思いました。

 

 自分のふとした行為で誰かを不快な気分にするのは控えたいですよね!

 留学前や旅行前に文化や迷信を調べておくことをお勧めします!!

 

 アメリカに来た際は、屋内で傘を開かないように気を付けてくださいね!

 

 それでは、良い一日を🎵

 

 See you:)