【実物のゼロ戦を見よう】オークランドのWar Memorial Museum(戦争記念博物館)

おはようございます。こんにちは!こんばんはー!!
先日、オークランドにある戦争記念博物館へ行ってきました。

こちらの博物館、ニュージーランドに住居がある方なら入館料は無料です。
その際に住所証明が出来るものを忘れないようにしてくださいね!
観光でいらっしゃった方は大人$25、子供$10の入館料が必要です。
そしてさらに追加料金を支払えば、1日に数回行われるマオリコンサートに参加することが出来、
そこでは伝統的な歌やダンス、歴史を学ぶことが出来ます。
有名な「ハカ」ダンスも間近でご覧いただけるようです。
ラグビー強豪チーム「オールブラックス」でも国際試合の前に踊られているので
あのパワフルなパフォーマンスを知っている方も多いのではないでしょうか。
ちなみにハカには多くの種類があるそうで、オールブラックスの場合は「Ka Mate(カマテ)」「Kapa O Pango(カパオパンゴ)」の2種類があるそうです。
負けられない重要な試合の際はKapa O Pango、その他の試合はKa Mateになることが多いみたいです。
念のため動画も載せておきます。
【動画】オールブラックス「Ka Mate」
【動画】オールブラックス「Kapa O Panga」
かなり力強いパフォーマンスなので、近くで見ると鳥肌が立ちそうです!!

この博物館はニュージーランドの先住民「マオリ族」の文化、自然、そして戦争のコーナーに分かれています。
まず、Ground Floor(1F)「マオリ族」について学べるフロアになっています。
【マラエ】マオリ族にとってとても申請な儀式の場でもある集会場(柱は骨、窓は目と先祖の体を意味する)
こちらは靴を脱いで実際に中に入ることが出来ます。

近くで見るとこのように彫刻されております。

【宝庫】食べ物や宝を保管していた場所

【カヌー】100人乗りが出来るという


およそ800~1000年前に、タヒチの方からカヌーに乗ってニュージーランドに住み始めた人たちのことを
マオリ族と呼んでいる、とのことです。
他にもこのフロアには装飾品や武器などの展示がされています。

そしてFirst Floor(2F)は、自然のコーナーです。
ここでは火山活動や動物についてなど学ぶことができます。
【火山エリア】
ここでは、もし明日火山が噴火したと想定した場合の
シミュレーションを実際に体験することが出来ます。
火山が噴火すると住民にどういった影響があるのか、
そして噴火の瞬間の揺れがどんな感じなのか体験できます。

↓少し見にくいですが、この奥に立っている巨大な鳥は「モア」という
ニュージーランドに生息していた鳥だそうです。
現在は絶滅したと言われていますが、目撃情報もあるとかないとか・・?

↓この鳥がキウイです。前回動物園の記事を書いた時は実物がわかりにくかったと思いますが、
実際はこんな見た目をしています。(参照:仕事を辞めた後に動物園へ行った話
この鳥の走るのが早いこと!!


ちなみに、「キウイフルーツ」のキウイはこの鳥と姿形が似ているから、キウイという名前になったようです。
言われてみれば・・・。
そしてこのエリアでは子供も楽しみながら学べるようになっています。


そこでホルマリン漬けを発見したのですが、
ん????
なんか混ざってない?????

あ・・・。


こ、これは・・・
シンプソンズのバートがホルマリン漬けにされている・・・・・。

・・・さて、気を取り直して最後に、個人的にはこの階がメイン。