【羊の国ニュージーランド】滞在3ヶ月目にしてようやく羊と対面

おはようございます。こんにちは!こんばんはー!!
ニュージーランドといえば「羊の国」のイメージ。
それもそのはず、人の数よりも羊の数の方が多いんですよね。
ニュージーランドの人口は約490万人(※2018年9月時点 Stats NZより引用)
一方羊の数はというと、約2757万頭(※2016年6月時点 Stats NZより引用)
2016年6月時点での人口が約469万人なので、その時点で羊の数を人口で割ると1人当たり約6頭弱。
といっても、最近人口が増加傾向にあり、羊の数が年々減少しているようです。
羊の数ピーク時には、約7000万頭もの羊がいたそうです。その当時の人口で割ると、1人当たり22頭。
これをこの減少傾向を見ると、ニュージーランドが羊の国ではなくなる日も近いのかもしれません。

さて、少しニュージーランドの人口と羊について触れました。
実は、オークランドに到着してからココへ行くまで、一度も羊を見たことがなかったんですね。
日本にいるときは、あちこちに羊が居るという情報を聞いていたので、
あれはガセネタだったんじゃないかと疑った程。
しかし、オークランドはニュージーランド国内最大の都市なので、そこらじゅうに羊がいるなんてことはありません。
そこで、ここへ行くと羊が見れるよ!という情報を元にシティからバスで約30分のところにある
One tree hill & Cornwall Parkへ行って来ました。

ここは季節を通じて様々な花を楽しむことができるのも見どころの一つです。
桜がたくさん植えられた場所があり、春にはピクニックシートを広げた大勢の花見客でにぎわうようです!
ちなみにOne tree hill(※標高182mの死火山)丘の部分のみの名前で、桜のある周囲の公園Cornwall Parkと呼ばれています。
バス停に到着した私たちは、適当に丘の上にある記念碑めがけてなかなか細い道(というよりも獣道)を
歩いていたのですが、その途中にこんな木がありました。
かつてOne tree hillには山頂に1本の木が生えていましたが、倒木の恐れがあったため2000年に切り倒されたそうです。

それがこの木なのかな??
調べても調べてもこの木についての情報が出てこなかったので、
ご存知の方がいたら教えて下さい。
現在は頂上にオークランド市の創設者であるジョン・ローガン・キャンベル卿が先住民マオリへの敬意を表すために建てた高さ33mの塔が建っています。
実はここ、かつては個人の所有だった敷地一体をオークランド市民のために献納したそうで、彼が眠る地でもあるのです。
彼のマオリに対する尊敬の念は、石碑の前に立つマオリの戦士に象徴されているとのことです。

この塔を中心とした展望台から風景を望むことができます。

そしていよいよ、羊とのご対面。
ワンツリーヒルの頂上からすぐ下ったところに羊がいました!
遠目から見るとイモムシがいっぱいいるみたい・・・

やっと羊だと認識。


カメラ目線ゲット。

あれ?しかし・・・
ヒツジ特有の、毛が無いーーーーー!!!
そう、夏なので全頭刈られておりました。
いつかモフモフの羊も見れるかな♪
ちなみに、One tree hill ですが、ロックバンドU2の曲にもなっているようです。
色々と調べていると、もっとニュージーランド自体のことについて
知っておかないといけないと感じたので、
ニュージーランドがどういった国なのかまとめられたら、アップしようと思います!
ニュージーランドに来る人は見ときや~!っていう記事を。笑
まとめ次第アップしますのでお楽しみに!!

≪前の記事へ | Sakiの記事一覧 | 次の記事へ≫

質問・ご相談などあればこちら↓またはプロフィール欄からお気軽にお問い合わせ下さい。
【twitter】@Saaakiii20
【Facebook】

【リニューアルしました】Sakiの新しいブログ