オークランドにある中国人経営のカラオケに行ってみた結果

言わずと知れたカラオケ好き、Sakiです。
以前、ニュージーランドで初のカラオケに行ってきました。
正直、オークランドで良いカラオケ屋さんを見つけるのは簡単ではないと思います。
というか、選択肢が少ない;;
そして日本人経営のカラオケ屋さんはありません。(カラオケラウンジみたいなお姉さんのいるところはあるみたいですが)
いつも思います。カラオケって日本発祥なのになんで日本人経営してないんだよーと;;

【突然豆知識】
カラオケの由来:カラ→空(から) オケ→オーケストラ
そう、空オーケストラの略からカラオケと名付けられたんです。
元々は業界用語だったようで、歌手抜きの音源のことを空オケと呼んでいたそうです。

さて、私たちがオークランドでどこのカラオケに行ったかというと、
「金樽 V MUSIC KTV」という所です。
韓国人経営のカラオケが多いのですが、ここは中国人経営のカラオケでした。
部屋はこんな感じです。(見にくいですが普通にキレイでした)

ただ、難儀したのがこれ。

中国語のデンモク。
日本語でも検索できるのですが、一度違う画面に行ってしまうとなかなか元に戻れなかったりして・・笑
中国人の友達が必要だな!と最初に実感しました。
苦難して店員を呼ぶボタンを押しても、たまたま私たちの部屋のボタンだけ壊れていたらしく
全く店員が来てくれず、毎回呼びにいくことに・・・笑
しかし、時間が経つと操作には慣れて検索するのも苦にならなくなりました。
ただ何が面倒かというと、このデンモク、壁にくっついているんです。
なので選曲する際はそれぞれ皆立ち上がって壁に向かって選曲しなくてはいけません。
でも、安室奈美恵さんの曲などを入れるとPVで流れたりしたので、
海外のカラオケでPVが流れるのにはびっくりしました^^
あと、何が良かったかというと、
「4時間滞在して1人あたり$25」とは聞いていたので、
まあオークランドの値段で考えると許容範囲か・・・と思っていたのです。
しかし、その金額には一人一つずつご飯とドリンクが付いているのです。
普通に軽めのポテトとかじゃなくて、チャーハンとかカレーが選べたりします。
オークランドでお昼ご飯を食べようと思うと、大体一人当たり$10~$15は支払うことになるので、
それを考えるとかなりお得感がありました。
※余談で聞いた話ですが、男性向けのスペシャルサービスがあると後々聞きました-_-
 事実かどうか気になる方は受付にてお伺いください。
私は結果的に、カラオケを楽しむことができました!!
しかし、どこのカラオケも昼間は空いていません;;ガーン
昼間に、暇だからカラオケ行こう~!と思っても夕方以降からになります。泣
そこがカラオケ好きにとっては残念な点です。
そしてオークランドで他のカラオケといえば、クイーンストリートにあるカラオケの情報をよく耳にするのですが、
そこは1人当たり何ドルと決まっているわけではなく、1部屋何ドル(おそらく1時間$30ドル)という計算になるようですので、
思案されている方は大人数で行った方が良いかなと思います^^
以上、カラオケについてご紹介しました!

なるべく今月は多めにブログ更新できるよう頑張ります♪
いつもご覧頂きありがとうございます!!

≪前の記事へ | Sakiの記事一覧 | 次の記事へ≫

質問・ご相談などあればこちら↓またはプロフィール欄からお気軽にお問い合わせ下さい。
【twitter】@Saaakiii20
【Facebook】

【リニューアルしました】Sakiの新しいブログ