【市民革命発祥の国】~パリのデモで感じたこと~

パリ首都の混乱としては1968年以来最悪の規模と言われる今回のデモ。

1789年のフランス革命以来、
フランス人にとってデモは政治参加手法の一つであり、珍しいことではありません。

ただ、これほどまでに暴徒化したのはフェイスブックなどSNSを介して
潜在的に不満を抱えていた層に対してもアプローチできただけでなく
デモを実行させる流れを作ったという見方もあります。

人が亡くなっている以上、デモを正当化する気はないですが
歴史的背景などを無視して単純に「良い・悪い」の二択でも割り切れる問題でもないので
このタイミングでフランスに来たからこそ、フランスの歴史について
もっと知りたいと思うようになりました。

また今いるイギリスも、これから行くイスラエルも
EUの離脱やパレスチナ問題など様々な問題を抱えています。

それを他人事として見るのではなく
こうして留学に来ているからこそ、しっかりとその国の文化やニュースを理解し、
いろんな国の人と関われる環境にいるからこそ生の声を聞いてみたいと思いました。

 

ちなみにイギリスに帰ったらホストファザーが
「ナツミがせっかくフランスに行ったのだから明日はレ・ミゼラブルの映画を観よう」
とホストファザーが言ってくれたので明日の夜に観る映画は「レ・ミゼラブル」になりました😊

フランスもとても素敵な国でしたが
個人的にはやっぱりイギリスが好きです笑