香港のディズニーランド旅行記【3か国留学】

こんにちはNao(@NaoIto6)です。

今回の記事はタイトル通り香港ディズニーランドの旅行記。

 

ディズニーは結構好きで、開園何分前に着いて、どんな風にパークをまわって…

と、事前に作戦を練るタイプ。

なので今回香港ディズニーランドに行くにあたり、ネットで情報収集をするべく色々調べてみました。

まさに意見は賛否両論!

もうネットの情報なんて当てにしてられん!

ということで…

(インカメで撮ったのに文字が逆に…)

 

 

何が良かったのか、具体的に紹介していきますね。

 

ピーク時は60分のアトラクションもあったのですが、それを避ければだいたい10分~30分。

クリスマスに行ったんですよ!?日本のパークだったら入場規制がかかるレベルの日なのに…

日本のパークで言う「ビッグサンダーマウンテン」「スペースマウンテン」「プーさんのハニーハント」級のアトラクションもそれは変わらず。

 

今や天下のミッキーさん&ミニーさんより人気なんじゃないかと噂のダッフィーフレンズの仲間です。

それまでダッフィー系のキャラクターにそれほど魅力を感じていなかった私ですが、このクッキーちゃんにはすっかり魅了されました。

小さい頃大好きだったシナモンのシフォンちゃんに似てるからかな?

 

もちろん日本のパークでも変わらないことですが、香港のパークにはトイストーリーランドがあります!

まるで小さなおもちゃになった気分でパーク内を散歩できます。

また、人が少ないので写真も撮りやすい!

 

野獣のぬいぐるみは一目ぼれして買ってしまいました。

このブログを書いてる今もとなりに座っています。

 

そしてなにより、これが香港のパーク最大の強みなんじゃないでしょうか!

文字通りのグリーティング天国!!

これまでグリーティングのイメージって、「何時間も並んでキャラクターと一瞬話して一枚写真撮っておしまい」だったんです。

パーク内で偶然会えても、ちびっ子に遠慮しちゃってなかなか自分からは行けず、正直パークの楽しみ方としては眼中にありませんでした。

でも、香港に来て変わった

・パーク内のそこら中にグリーティングスポットがある

→会えるチャンスが高い

・必ず列を作る

→他の人に遠慮して撮れない…なんてことがない

・何時にグリがあるかはアプリに出てる

→時間を狙っていける

・グリ開始の10分前にでも行けば必ず1番目~3番目に並べる

→長時間並ぶ必要なし

・何枚でも写真可能

→グループで1枚、個人で1枚できる

たぶん、今忘れてるだけでいいところもっとあります。

それだけ香港ディズニーのグリーティングは素晴らしい!!

グリーティングのためだけにでも行く価値あり!!

 

 

さああなたも、次の連休は香港ディズニーランドへ!!

 

 

 

他の記事はこちら

台湾のローカル飲食店で注文するとき

【10㎞以内はなんと無料】台湾でバスに乗ろう

台湾で映画観た

レシートについてる宝くじ

宝くじの当選番号の確認におすすめするアプリ

【台中】彩虹眷村(レインボービレッジ)

台湾の大学の冬休み

 

Naoの

Twitter

Facebook

Instagram

 

 

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考