クリスマスマーケットに行ってきた! ~トラブルだらけのプラハ~

Hi Kahoです!

 

前回からウィーン・プラハ旅行について書いてます!

今回はプラハ編です。

プラハではいろいろとあり、1泊しかしてないのに疲れてしまいました(笑)

 

1.1日目 ウィーンからプラハへ列車移動でトラブル?!

2.プラハでの両替は手数料に注意

3.ホステル・ホテル ”Ritchie’s Hostel and Hotel”

4.プラハクリスマスマーケット

5.レストラン ”U Tri Ruzi”

6.いろいろ安いプラハスーパー ”Albert” “Billa” 物価比較!

7.後からくる保安検査に気を付けろ!!!

 

プラハの小情報をここで少し!

プラハはチェコの首都になり、公用語はチェコ語です!

また英語ではPrague(プラグ)といいます。

また通貨もユーロではなくチェココルナ(Kč)になります!

物価は安いと聞いていましたが、確かに他のユーロの国に比べると少し安かったです!

そのことも少しあとで書いていきますね!

 

 

1.1日目 ウィーンからプラハへ列車移動でトラブル?!

ウィーンでかなり楽しんでしまったので気が緩るんでいたんでしょう・・

ウィーンのセントラル駅までもトラム1本で行けて線路もすぐに発見。

また、自由席でしたが席も無事にとることができ、プラハまであとは列車の旅を楽しむだけだ~と思ってました。

駅員さんにチケットを確認してしまい、おしゃべりしたり寝たりしながら本当なら3時間ほどでつく予定でした。

途中の停車駅で結構な人が出て行って、(その中に日本人ぽい人もいて)なんでこんななんにもない駅で降りるんだろ?って友達と話していて、

発車後またチケット確認のさっきとは違う駅員さんが来ました。

私たちのチケットを見るなり首を横にふり、

“It’s not Praha. You must change the train. You have a time.~~~”

えええええええええええええええええええええ

プラハは公用語が英語ではないので、そのあと駅名?っぽいことを言ってたんですがよくわからず、そのまま駅員さんは次に行ってしまい、

友達とパニックになりながらどこで変えたらいいの?!今どこに向かってるの!?って感じでもう一度駅員さんを呼び止めて

どこで乗り換えたらいいの?と英語で聞きましたが、よくわからない駅名を言われて”You have a time”と言いました笑

自分たちのチケット見ると隅っこに乗り換え駅が書かれてました(笑)

ちょこちょこドイツ語が混じってるチケットだったのでちゃんと目を通してなかったんです笑

とりあえずグーグルマップみるとスロバキア方面に向かってるし、次の停車駅もわからないからどこで乗り換えていいかわからないし、とりあえず次で降りてみよう!と友達となり、

荷物をまとめて降りようと扉にいくと他の乗客がこっちを見てただ首を横に振るだけ(笑)

何も言ってくれないけど、あ、なんか違うんだwwととりあえずもう一度駅員さんを探すと”You have a time”と言われるだけ笑

で、どうすればいいの?!まあとりあえず座るか、と座っていると駅員さんがインフォメーションの紙を渡してくれ、”Next stop”と言われたのでとりあえず次で降りるとプラハ行きの電車が!!!!!

めっちゃ焦りましたがみんなのおかげでなんとか1時間ロス程度でプラハにつくことができました(笑)

自分がある程度話せても、英語が通じないって結構大変だなと痛感した瞬間でした

ただの自分の確認不足ですが・・・

で、何も考えず次の電車乗ったので、その電車のチケットがないことにため息をつかれ(でも罰金はなかったからよかった( ;∀;))

その時に乗った電車がハリーポッターのホグワーツ特急みたいでかわいくてテンションがあがり、

とりあえず到着時にプラハと書いた文字のところで酔っ払いにセルフィーしよといわれ言われるがまま写真をとり到着(笑)

 

2.プラハでの両替は手数料に注意

とりあえずプラハの大きい駅に着き、ホテルまで歩いて15分だったので、その途中にあるマーケットで両替をしようとなりました!

電車の中でこの両替所がいい!と書いてあったところでしようとなり、道に迷いながらも到着。

この方のブログを参考にしました!

https://kakoblog.tk/2017/12/13/exchange-praha/

でも実際ついてみてそこの電子掲示板を見るとなんかそんなに他と変わらなさそうなレートの雰囲気?

NO COMISSION(手数料なし)とありましたが、とりあえずすぐ近くに他のところもあったので、そこも一応みてみよ!となりました!

でそこではレートはさきほどのところよりよさそう!でも手数料なしの表示がなかったので手数料なしか聞いてみました。

するとその質問は無視で「いくら両替したいの?」と聞いてきたので友達が「50ユーロ」というと、

「いろいろサービスして割引もして本当は900Kčのところ、1000Kčにしてあげる」と言われました。

私がもう一度手数料なしの値段なの?と聞くと、「これが一番いいレートだよ」としかいいませんでした。

私はちょっと嫌な予感がしたんですが、友達はとりあえずここで両替するといったので両替しました。なんかよくわからない紙にもサインさせられてました(めーっちゃ小さい文字で大量の文章が書かれたかみで到底すぐに読めそうにもなかったのでとりあえずサインしていた)

私は、レートの違いあるか調べてみたいと思い先ほどのところで両替することにしたのですが、そこでは

50ユーロが1200Kčちょっとでした・・・・結局私は40ユーロだけにしたんですが、それでも1005Kč・・・

まさかのはじめのところは約10ユーロ(1220円)の手数料があったことになります・・・

騙された・・・・・・!!!!!!わけではないですが友達は損しました笑

みなさん、両替はなにがあっても”NO COMISSION“と表記があるところでしてください。

曖昧なことを言ってきたり、NO COMISSIONじゃなくて曖昧な表記をしているところも注意してください!

ホテルの人にもプラハの両替は手数料が詐欺並みに高いところがあるから気を付けて!とそのあとにチェックイン時言われました笑

正直10ユーロで一食食べられます(涙)

 

 

3.ホステル・ホテル ”Ritchie’s Hostel and Hotel”

今回プラハではこちらのホステル・ホテルを利用しました!

立地がかなり!!!!良くて、クリスマスマーケットがある観光地でもあるオールドタウンスクエアという場所まで徒歩5分です。

周りはお土産屋さん・レストラン・カフェだらけで、夜少し賑やかなのが気にならなければかなりいい場所にありました!

徒歩で観光が全部済ませられます!

ただ、確認不足で予約した部屋がまさかの男女混合部屋で、台湾人とヨーロピアンの男子と一緒の部屋でした(笑)

共同部屋ははじめてだったのでちょっと緊張しましたけど、悪い人じゃなかったのでよかったです・・・笑

また、シャワー室に鍵がなく、カーテンで仕切られてるだけだったりしたので(しかも男女共用)、シャワーは1泊だけだったし浴びませんでした笑

女子が連泊するには厳しいなと思います

でもレセプションの人も優しくて不潔な感じもなかったのでおすすめです~

1泊で17ユーロ(2073円)でした!

次のページへ!!