海外での家探しについて

 

 

4.最低入居期間はどれくらいか?

どの家にもほぼ最低入居期間(ミニマムステイ)があります。短いところでは2週間、長いところでは半年など。私の以前のお家は3カ月は最低住まなきゃいけない期間でした。

もしも実際に新しい家に住むのが決まって、いざ住んでみるといくつか問題がでてくるかもしれません。一緒に住んでいる人はもちろん、違う国の人だったりすることもあるので、全く異なる生活模様でストレスを抱えてしまったり、人間関係だたり、バイト先や学校までのアクセスが思ったより悪かったりなどなど、、、。

そんな問題が起こったとき、今すぐにでもまた新しい家に引っ越したい、でもミニマム期間が‼となってしまいます。もしミニマム期間住まなかった場合、最初にデポジット(保証金)を必ず払うのでそれが退去時に返ってこないという罰則があります。

な・の・で、ミニマム期間が半年もあると正直長すぎ‼よくても3カ月くらいがベターかと思います😃

 

5.家賃はどのように支払うか?

家賃の払い方は、キャッシュ手渡しか管理者のバンクに振り込みかになってくると思います。

こちらもお金の管理になるので、必ず決定する前に必ず確認しておきましょう☝

 

 

※家を決める際にやはり一番大変だたことは、言葉の壁‼だいたいが、韓国人やオーストラリア人がオーナーだたりするので、あの時説明したのに英語だからあまり理解していなく誤解を招くということがあります。そんな時は、説明されたときなどはレコーダーを利用して録音しておくと助かると思います。その時はきちんと聞いていたはずで理解していても、日がたてば忘れるし英語なので双方のズレも必ず生じるもの。

なので、誤解や問題が生じないよう自分を守る為にもできることはやった方が良いです。こちらは日本ではなく、海外なので日本人の考え方や思いでいてしまうと必ず騙されたりします‼

 

これは余談ですが、

私のお友達はその友達からの紹介で家を紹介されました。インスペに行き、実際に部屋や家の中をみて確認。2人部屋のお部屋。確認が終わりいざ、引っ越してくると、まさか同じ部屋の人が男の人だったということがありました。私達の感覚では、同じ部屋に住むなら必ず同性が当たり前だと思いますよね?🤷‍♀️こちらではそれが通用しません‼🙅‍♀️

インスペを担当したスタッフも、同じ部屋の人が男か女か教えてくれるべきだと思いますが、その友達も性別を質問しなかったがためにその結果になってしまったのです😭身も知らずの海外男性と同じ部屋に住むなんて、怖すぎて私は衝撃的でした😭

日本では当たり前なことや、当たり前でないことが海外では通用しないんだなーと、、。

恐るべし海外😭

 

なので、自分を守る為にも自分の身は自分で守りましょう☝

 

最後に私が以前ブリスベンに住んいたお家は、リバーサイドで眺めがすごくステキなお家でした✨

 

クリスマスにはこの橋がクリスマスカラーになったり、毎週花火が見えたりとお得な特典が満載でした。

 

住むお家はやはり “安らぎの時間・空間” が一番‼

みなさんも海外でお家を探す際は、このポイントを押さえると良いお家が見つかると思います😃

ではまた🙋‍♀️