絵本作家の旅の仕方「ライアンエアーの心得」

鬼畜と名高いヨーロッパのLCC、Ryanair

最初はびくびくしながらも、この半年で5回も乗った私の心得をお伝えしたいと思います。

 

こちらが噂のRyanair

 

これに

アイルランド,ダブリン → フランス,パリ

フランス,パリ → アイルランド,ダブリン

アイルランド,ダブリン → エストニア,タリン

ポーランド,ワルシャワ → イギリス,ロンドン

イギリス,ロンドン → アイルランド,ダブリン

と乗りまくっています。

 

鬼畜といわれる根源はいくつかありますが、大きく分けると

①遅れる

②いちいちお金がかかる

③罰金系の追加料金が高すぎる

④汚い

⑤遠い

⑥独自のシステム

です。

 

 

さあ、順番に見ていきましょう。

 

①遅れる

これはそのままですね。

離陸は90%遅れていると思います。

 

搭乗口で待つ間に、乗り込む予定の飛行機が着陸。

お客さんが出るのを見送り、その飛行機に乗り込むのが普通です。

 

この近さでまだ待ちます。

 

 

一度暴風の日に飛行機をにのろうとしたら、

搭乗口でまたされ、飛行機に乗る途中の階段で待たされ、さらに機内でも待たされ。

結局9時20分発が、11時10分発になったこともありました。

 

 

 

安全のために遅れているのだからいいんだけどさ、

案内が何もなかった。ただじっと待つ。そんな忍耐力が試されます。

 

 

※搭乗口が変更などの可能性もあるので、不安なことがあれば聞くのがベターですよ。