【イギリス・パレスチナ2カ国留学】慶應女子の武者修行日記~イギリスで花束を買ったらまさかのアレが!?~

こんにちは、青山です。
街を歩いていると花屋さんがちらほら。
日本よりも花屋さんを見かける頻度が高いです🌹

それもそのはず。

男性から女性に花を送る習慣はイギリスから始まったもの。
カードに花を添えて贈ることで求愛のイベントになったと言われています。

さすが英国紳士ですね✨

私もイギリスの慣習にならって
クリスマスにホストファミリーに花束を買おうと思ったら、、。

菊!!!

花束にどどーんと菊の花が。
(しかもバラより目立っている)

日本人にとって、菊は仏花であるので思わず「大丈夫か!」と心配になりますが
イギリスの花束では、菊を差し色としてよく使うそうです!

何よりイギリスにとって菊は持ちが良くて可愛いというポジション!!

なのでアレンジメントフラワーにはたいてい使われており
しかも主役なぐらい大量に使われていることも!

私が探したお店ではほとんど菊が入っていたので
結局悩んだ末に、あまり菊が入ってないものをチョイス。
(やっぱり仏花のイメージが抜けなくて抵抗感が、、)

国が違えば、文化も違う。

まさにカルチャーショックな出来事でした!