【イギリス・パレスチナ2カ国留学】慶應女子の武者修行日記

学校生活にも慣れ、
初めての週末に浮かれている青山です笑

いきなりですが、
私もイギリス国民も大好きなパディントンの映画にこんなセリフがありました。
「Londoners have 107 ways to say that it is raining」

え、、イギリス人は本当に
107語の”雨が降っている”という事を表す表現を持っているの?笑

と、いうことで調べてみました😊

実際、100 British Words for Rainの調査では、
イギリス人の94%が過去6時間に天気について語ったことを
認めたという結果があるそうです。

またこのサイトには100の雨に関する単語が載っていました!

例えば「雨が激しく降っている/土砂降り」だとこんな表現が、、
It’s raining cats and dogs.
The heavens have opened.
It’s teeming.
It’s pouring/pouring down.
It’s pelting it down.
It’s lashing it down.
It’s hammering it down.
It’s tipping it down.
It’s thrashing it down.
It’s throwing it down.
It’s beating down.

どうやって使い分けるんだろう、、笑

このサイトにはイギリスの地方方言の単語もあり、
それも含めると、確かに「107語」くらいの表現はあるのかもしれません😊

今の所、挨拶に雨を使った表現は聞いたことがないですが、
ぜひ、いくつか表現を覚えていると会話が弾むかもしれませんね♪
(会話ででてきたらぜひ紹介したいと思います!)