留学6ヶ月のまとめ 〜①治安 ②英語 ③食べ物 ④こんな人にハワイお勧め〜

Aloha〜!Mikiです。

 

ついに12月です!2018年も後少しで終わりですね!今月末に日本に帰国します!!

今月が最終の月なので6ヶ月のまとめを書こうと思います!

 

 

 

 

 

 

 

①〜治安〜

 

皆さん、ハワイのイメージはどんな感じですか?

 

私はハワイに来る前は

・南国

人が優しい

・みんなニコニコしてて性格が穏やか=治安がいい

・みんなフラを習っている またはマリンスポーツができる

などのイメージがありました。

 

では実際の治安はどうなのでしょうか?6ヶ月住んでみて感じた事を書いていきます。

 

 

 

 

 

ハワイでも危ない場所はある!

 

 

 

 

もちろんみんながいい人ではありません!

 

・夜一人で出歩かない

これは日本でも言える事かもしれません

・甘い言葉についていかない

こっちの人は初対面でも「君可愛いね〜、今までこんな可愛い子に会ったことない」など日本人が言わないようなセリフとサラっと言います。

でもそんなのはただの会話を始める糸口に過ぎないので信用しない事!

・あっ!ここちょっと変かもって思った場所にはいかない、自分の直感を信じる

第6感ってとても大切なセンサーです。あれ?ちょっとおかしいかもっていうセンサーが凄く大切です。特にそれが知らない土地なら尚更大切です。

 

 

私はこれらを守れば大抵は安全に過ごす事ができると思っています。

 

 

 

6ヶ月の経験を踏まえて具体的に説明したいと思います。

 

 

 

 

・住んでいるところ

前住んでいたい所はワイキキから1時間以上離れていた場所で尚且つそのエリアは高級住宅街の一角でした。なのでホームレスはいなく(ワイキキから遠すぎてホームレスが歩いてこれない距離)治安がとてもいい場所でした。このエリアの家は最低でも1億円以上する家なので、中堅層〜裕福層が住んでいました。

(↑前の家です)

今住んでいる所はワイキキからバスで15分くらいの場所です。周りにはたくさん高校や中学校があり学校の多いスクールエリアです。なので家族連れが多く住んでいる地域です。ワイキキから近いのもありホームレスもちらほら見ますが、ワイキキやアラモアナに比べたら多くありません。またマンションタイプの家が多いのでセキュリティーが厳しく変な人が寄ってこないのも一つのポイントです。

 

 

 

・学校の周辺

学校はアラモアナセンターの近くにあります。アラモアナセンターは観光客の99%が訪れると行っても過言じゃないぐらいくらい有名な場所です。なので治安は比較的安全です。学校入っているビルもオフィスビルの中にあるし、ビルの警備の方が定期的にビルの中を巡回していてくれてるのでとても安心です。

 

 

 

・カカアコ ダウンタウン

 

ウォールアートで有名なカカアコ

日本人の観光客にもとても有名で皆きっと行くと思います。

 

でもカカアコ・ダウンタウンは危険な地域です(特に夜)

地元の人もあまり行かないとの事でした。私もホストマザーにカカアコ・ダウンタウンに行くなら昼間、友達と一緒に行きなさいとアドバイスをもらいました。

 

 

5ヶ月前にカカアコで日本人が襲われる事件がありました。

(実際の写真です。ご本人が公開しています)

ここからリンクが見れます

昼間の時間帯に公共トイレの中でドラッグ中毒の人達に集団暴行されました。助けに入った奥さんも襲われ二人とも重傷でした。ご夫婦は保険に入っていなかったため医療費がかなり高額になり(1000万近く)治療費をまかなうため彼らの友人達がクラウドファンドをやっていました。

 

この様な事件があっても日本では報道されません。こっちの人に聞いた話では、日本政府とハワイの観光政府が公表しないように圧力をかけたそうです。もしこの様な悪質な事件がテレビで放送されたら日本人が怖がってハワイに旅行に行かなくなります。そしたら、ハワイは観光収入がグンっと減ってしまいます。また日本政府もハワイ州との良好な関係を継続したかったため伏せたそうです。ハワイ政府は彼らの医療費を少し免除したそうです。こっちに住んでいる日本人の方は皆この事件を知っていました。もちろん現地の人も。

 

カカアコのように昼間でも危ない地域もあります。

私はこの話を聞いたのがハワイに来て早々だったのでその時は「絶対カカアコに行かない」って心に誓ったのを今でも覚えています(笑)。でも実際行ってみたらオシャレなお店が沢山あります。でも昼間しか行ったことがありません。トイレもカカアコでは行きませんでした。

 

ダウンタウンには、沢山のオフィスビルがあって昼間は多くのビジネスマンで賑わっています。日本でいう丸の内のような感じです。でも夜になるとホームレスが凄く多いです。チャイナタウンが近くにあり貧困層が多く住んでいる地域です。なのでドラッグをやっている人も沢山いるので夜は行ったことがありません。

 

また、ハワイはパトカーでのパトロール以外に上空からヘリでのパトロールもあります。

日常的にヘリコプターが飛んでいてパトロールをしています。

日本人が襲われた後は多くのヘリが飛んでいたそうです。

 

 

 

こんな感じで安全な地域もあれば昼間でも危ない地域もあります。ガイドブックだけを信じるのではなく、きちんとした知識を自分なりに集めてから旅行に出かければいいと思います。

日本では「これぐらいなんて大丈夫でしょ〜」っていうのも海外では通用しません。

私もハワイに住んでいて日本では経験しないような事を経験しました。

マリファナを吸っている人に声をかけられる

ホームレスに食べ物や食べ物をせがまれる

変な人に声をかけられる

など色々ありました。

 

 

 

 

 

自分の身を守ってくれるのは自分自身です。

 

 

 

 

 

 

これを心の何処かに常に置いていたら大丈夫だと思います。

 

 

 

 

②〜英語〜

 

ICCにきて6ヶ月が経ちました。果たして英語力の変化は…?

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的に

めちゃくちゃ伸びた!!

とは感じていません。

 

ただ一つ言える事は、少し難しい文章が作れるようになった事です。

だたの簡単な文ではなくて少し複雑な文章が作れるようになりました。

ただ

劇的な変化が無かったのが事実です。

 

確かに学んだ単語も沢山ありました。文法も沢山学びました。イディアムやスラングも沢山学びました。

でも私が期待していた程伸びませんでした。

カフェや買い物をするなど日常生活をする上で必要な英語は最低限身につけたと思っています。

 

日本で英会話に行って英語を学ぶ VS  海外に行って英語を学ぶ

 

 

 

の決定的な違いは

 

 

 

使う英語量の違い

他の国の人が持っている独自のイントネーションがありそれを理解するためのリスニングが養われるのと共に自分の発音も気になる

 

 

 

の2点だと思います。日本で週1回1時間英会話レッスンに行くのと平日毎日学校に行き日常的に英語を使うのでは圧倒的に英語量が違うと思います。メニューも標識も聞こえる会話も全部英語です。英会話を否定しているわけではありません。でも英会話教室が終わって一歩外に出ると全部日本語です。なので、頭を使わなくても理解できます。でも、海外で生活していると日本にいる時よりも頭を使います。なので使っている英語量が絶対的に違うと思います。

もう一つはICCには色んな国籍の人がいるので、それぞれが独自のイントネーションがあります。もちろん日本人のイントネーションもあります。私は初めてスイス人が話している英語を聞いた時全く理解が出来ませんでした。むしろ「今、英語喋っていた?それとも母国語喋っていた?」って勘違いする程ヨーロッパ人の発音に慣れていませんでした。逆のパターンもありました。ヨーロッパ人が私のイントネーションを全く理解してくれない時もありました。先生は理解してくれるのに、スイス人の友達は理解してくれない!そん時もしばしばありました。なので逆に自分のイントネーションが気になりました。私は日本人にイントネーションは気になりません、私も日本人のイントネーションで話しているからです。

でもそれは正しい発音ではありません。もし私が日本で英会話に通っていたら周りも私と同じような日本人な為自分の下手くそな発音に気づかなったかもしれません。

なので自分の発音を改善するのにとてもいい機会でした。

 

 

 

 

③〜食べ物〜

 

 

海外に行って困るのが食事です!

 

 

私は日本食愛好家なので、海外に旅行に行くときはインスタントの味噌汁などを持っていきます。

 

でもハワイではどこに行っても必ず日本食があります(少し高いけど)。日本食スーパーもドンキもあります!!なんでも手に入ります!

なので、ハワイに来て日本食シックになりませんでした。

 

丸亀うどんやつるとんたんもあります。ラーメン屋は沢山あります。

 

 

 

でも、ハワイにしかない物も沢山食べれました。

 

ハワイの伝統的なフルーツ?野菜?です。(名前を忘れてしまいました)

日本にはない味です。うまく説明できません。ハワイに来て初めて食べました。

 

 

THE アメリカン Breakfastという感じの朝食

カリカリのベーコンに砂糖いっぱいのパンケーキにたっぷりのシロップ

 

 

日本食を食べようと思えばいつでも食べれるしアメリカのこってりしたご飯も食べようと思えばいつでも食べれる

 

そんな環境は私にとってとても過ごしやすい環境でした。なので食べ物でストレスを抱える事なく過ごす事が出来ました。

なのでしっかりと太りました!(笑)

 

あとこっちに来て感じたのは外国人も日本食好きな人が多いため、学校の友達とランチ食べに行っても日本食を食べに行きやすいです。

「ラーメン食べに行こうよ!」って誘うと「いいね〜!私超ラーメン大好き!!」など言ってくれるのでとても助かりました(笑)。

 

なのでハワイでご飯は困りませんでした。

 

 

 

 

④〜こんな人にハワイお勧め〜

 

 

沢山あるのでズバリ5つあげました!

 

 

・自然が好きな人

 

ハワイは本当に自然が豊かです。自然は色々な表情を我々にしてくれます。

その分虫も多いです。私はハワイに来た最初の1週間は虫の事を考えて過ぎて頭がおかしくなりました(笑)。今だから笑えるけどあの時は本当に虫の事しか考えられなくてずっと虫の事を拒否していました。でもある日虫の事を受け入れてみたんです(※ネズミ・ゴキブリは除く)。そしたら自然と虫の事が気にならなくなって、いつも通りの生活が送れるようになったんです。否定するのではなく受け入れる事から始まると気づいたんです。

人間も虫も地球の一部

あたかも、人間が地球を支配しているかのように錯覚してしまいますが、人間も地球の一部だと言う事を忘れずにお互いを尊重して生きていく、そんな事を教えてくれました。

なので、自然が好きな人はきっとハワイも好きです。逆に自然が苦手な方は合わないと思います。

 

 

 

・ハワイタイムを理解出来る人

 

ハワイには通称

ハワイタイム/アロハタイム

というものが存在します。

バスは時間通りに来ません。

バスの運転手は勝手にバスを停めて昼ご飯は食べ始めます。

お店でどんだけ行列が出来ていても店員さんは急ぐ気配はありません。なんなら店員さん同士で話始めます。

 

など日本では考えられないような事が多々あります。

バスの時刻表もあって無いようなもの。でも誰もバスが時間通りに来なくても怒ったりしません。

 

なので日本みたいに全部オンタイムで時間通りにして欲しい!っていう人には向かないと思います。

 

 

 

・マリンスポーツが好きな人

 

目の間にマリンブルーが広がっています!!どこ行っても綺麗な海があります。

サーフィン、SUP、カヌーなど色々あります。なので、マリンスポーツが好きな人にはうってつけの場所です。

 

マリンスポーツが好きでなくてもビーチでのんびりと過ごすのもいいですよね!

ハワイは東京みたいに色々遊べる場所がありません。なので一つ好きなマリンスポーツがあるといいですよね!一日中海にいても飽きる事がありません。

 

 

 

・オシャレを気にせずTシャツ、短パンで過ごせる人

 

私はハワイに来て驚いた事があります!

 

それは、

日本人のファションがオシャレな事

です。

日本人は本当にオシャレです。もちろんハワイにもオシャレな人は沢山います。

でも日本人は他の国の人に比べて本当にオシャレです。

 

私はハワイに持って来たけど一度も着なかった服が沢山あります。

こっちにきてむしろ短パン+Tシャツで過ごす事が凄く多いです(8割)。

ハワイに来て海に入る機会も多いし、汗もかくのでわざわざオシャレしても…っていうのも一つの理由です。

海に入れば化粧も落ちるし….。

なのでオシャレを気にせずTシャツ+短パンみたいなラフな格好でも大丈夫という人に向いていると思います。

 

 

 

・日焼けをしても気にならない人

(↑こんなに遠くでも白と黒がハッキリするなんて…)

 

私はハワイに来て驚いた事があります!

 

それは、

日本人の肌の白さ!!!

 

なんて日本人は白いんだろう(特に女の子)って思いました。

 

もう真っ白です!!!確かに私も日本にいたとき日焼け止めを塗っていました!

でもハワイに来てから顔以外は日焼け止めを塗っていません。その結果6カ月でこれだけコンガリ焼けました。

 

7月からハワイ州で日焼け止め(オーガニックは除く)は禁止されました。

私はただ単にめんどくさくて塗るのを辞めました。

なので絶対に日焼けしたくないって言う人には向いていないかもしれないけど、

日焼けなんか気にしない!どんどん遊びたいっていう方にはハワイはピッタリです。

 

あと日焼けし思ったのですが、日焼けした方が健康的に見えて細く見えます(重要 笑)!

 

なので日焼けなんか全然気にしない!!っていう人にはオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

以上留学6カ月のまとめを書いて書いてみました。

少し参考になると嬉しいです。