意外と良いかも、イマドキ英語の勉強方法

こんにちはikuyaです。まだまだ続いていきます。休みはなしです。

題して

意外と良いかも、喋るための英語の勉強方法、スマートフォンでできる英語の勉強

ダブリンにいるときはほとんどyoutubeや映画など日本のものは見ませんでした。音楽はもともと洋楽の方が好きです。

日本に帰ってきてからはどうしても、日本の映画やドラマが気になったりしてきました。

僕はnetflixを登録しているのですが、一つはまってしまった日本のシリーズがあります。

それは「テラスハウス」

番組の主人公は、“どこにでもいそう”だけど“手の届かない”男女6人。舞台は、今、若者の間で話題になっている「シェアハウス」。あなたが知っているようで知らない、今の本当の若者たちの姿、、、、このようにサイトには書いてあります。

そうこれは、まさに日本のイマドキの若いおしゃれな男女6人の生活を写したものです。つまり日本の若者、僕たちの日常会話を写したものになります。

ここでどう英会話の勉強につなげるのか。

日本語を勉強している外国人がどのように日本語を勉強していたのかということを聞いたところ、日本のドラマや映画を英語字幕で見ていたそうです。さらにその人は英語圏の人ではないため、日本語と英語を一気に勉強できていることになっていたそう。すごいですね

そこからヒントを得た僕はただテラスハウスが見たいだけだったのにひとつ工夫し、英語の字幕をつけてみてみました。

するとなんと、彼らのイマドキの会話が英語訳されています。

もちろん、なんとなくのニュアンスは違いますが、僕が苦手としていた話英語が簡単に楽しく勉強できることに気がつきました。

さあ例えば。

Do not worry, though.

この時なんて言っていたかというと

だけど、心配しないで

すごい簡単ですけどなるほどですよね。

こんな感じで、翻訳のプロはここをこうやって訳すんだーってうなずかされます。

また、自分ならこういうかなーとか色々考えられたりもできるので結構オススメの勉強方法です。