ハワイ留学3ヶ月目に思うこと〜まとめ編〜

② ハワイの治安

海外に行くとなると、一番気になるトピックだと思います。

私自身がハワイに来る前に気になっていたことと、

実際に住んでみて教えてもらったり、感じたことを書いていきます 😀 

 

 

ちなみにですが、

11月までは、KaneoheというWaikikiから車で40分くらいの山の近くにある町に、12月からはHonoluluに住んでいます。

 

 

 

Q,ハワイの人は優しいの??

 

町の人は、本当にフレンドリー!!

Kaneoheに住んでいる時は、バス停でバスを待っている時や信号待ちをしている時に、

「どこから来たの〜?」「この信号長いね〜」なんて、よく話しかけられました。

 

これは地域柄もあるのかな?と思います。

Honoluluに引っ越して来てからは、全く話しかけられません。

日本人=観光客なのかな??

 

Kaneoheは、本当に大好きです 🙂 

 

 

 

Q、ホームレスってどのくらいいるの??

 

 

私が想像していた以上に、町の中にたくさん住んでいます。

 

KaneoheもHonoluluも変わらず、店の軒下や屋根のあるバス停に、大きなカート(ショッピングセンターのを持ってきて使ってる)に荷物をたくさん入れて、その横に寝ていたりします。

また、町の所々の道沿いにたくさんホームレスのテントが並んでるところもあります。

 

また、バスもよく利用しているので、たまに同じバスに乗っていることもあります。

 

 

 

ハワイは、アメリカの中でもホームレスが多い地域のようです。

年中暖かいので、本土からハワイに移動してくるとか。

 

私は、彼らから話しかけられたことはありませんが、学校のクラスメートに話を聞くと、

「1ドルちょうだい」と話しかけられた!!という人も。

 

 

Q、危険な地域ってあるの??

 

 

あります!!

 

 

ホストファミリーや今のシェアハウスのオーナーから、

ダウンタウンやチャイナタウンには、暗くなってからは絶対に行かないほうがいい!!と強く言われました。

 

昼間にバスの乗り換えやショッピングでダウンタウンに行くこともありますが、Honoluluとはまたちょっと違う雰囲気がします。

昼間でも、道端に若い女の子が真っ青な顔で寄りかかって座っているのを見たこともあります。(アル中?ヤク中?? 🙁 )

 

 

 

Kaneoheに住んでいた時は、Waikikiで友達とご飯を食べたりショッピングをしたりすることもありましたが、遅くなるとバスの本数が少なくなって、ダウンタウンでバスを乗り換えなければいけなかったり、街灯の少ない道を歩いて帰らなけれなばいけなくなるので、「バスの時間だから〜」と、早く帰ったりしていました。

どの場所が危ない!とか、危険!なのか、わからないことが多いので、シェアハウスのシェアメイトや同じ教会のローカルの人に教えてもらったりしています。

 

 

Q、夜に出歩くのって危険??

 

 

ショッピングしたいし、夜にご飯を食べに行ったり、遊びに行きたい!!

出歩いちゃいけない訳ではないですが、注意は必要だと思います。

 

 

先ほども話しましたが、家に帰るのに必要なバスの時間はいつも確認していましたし、

乗り換え場所にダウンタウンを避けたり、最短じゃなくても人が多いところを通って帰ったりもしていました。

 

 

今住んでいるシェアハウスに決めた理由も、安全性を優先しました。

Waikikiや学校が近いのもそうなのですが、バス停が家から近いか、本数のたくさんあるバスが通っているか、道に街灯があるか、ホームレスのテントがあるかなど気にして新しい家を決めました。

 

 

 

警戒しすぎなのかもしれないですが、自己責任の国だし、自分の身は自分で守らないといけない!と思ったら、

私は警戒しすぎることはないと思います。

 

↓次は、食生活について↓