【アイルランド留学】2018年版ベストアイリッシュミュージック🇮🇪

先日IRISH TIMESが発表した

今年の年間ベストアーティストにおっきくKOJAQUE が誌面を飾っていました👏🏻

 

ダブリンに来て、Softboy Recordsを知れたことは今年一番の収穫です。

 

KOJAQUE が秋に発表した

“Deli Daydream”のリリース巡礼。先日遂にダブリンでファイナルを迎えたばかり。

今回イギリスとアイルランドを巡るツアー🇮🇪🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿は

(発表と共に首都ロンドンとダブリン公演が既にソールドアウトと….)

すぐさま全ての公演も即完です。

ダブリンで今一番解き放っている、コジャク!

 

 

先日、全然別のイベントでSoftboy Recordsの方とお話しする機会がありまて。その時ちらっと、「よかったらコジャクのツアー最終日おいでよー。」と言っていただき。いやいや、まじかいないやっほーー!!!とテンション爆上がりだったのですが。お互い酔っ払っていたのと、こういう時にどうも甘え下手で…🤫

(その後も連絡先を交換して、レーベルについてお話しをすることが出来ていたのですがついぞや話をコジャクに持ってきそびれて何ヶ月か経ってしまいました。)

ただ、毎日毎日インスタグラムのストーリーでツアーの様子を見つめていたら

気持ちがワナワナしちゃって。ダメ元で、もしチケットの販売可能でしたら教えていただけましたか。と、お願いのメールをしたら

あー!忘れていたごめんね!と。なんとなんと、すぐさまゲスト的枠でチケットを送ってくださいました。😭

いやぁ、こんなことあるんだなぁ。と泣きそうになりました。

本当にありがとうございました。(((((ソフトボーイフォーエバー。)))))))

スタッフさんのご好意に敬意を払って、当日は誰よりも楽しむことと

たくさんお酒を呑んでクラブにお金を落とすことを胸に誓いました。(いつもですが。🍻)

 

 

Softboy 所属のDJから始まり

ゲストにLuka Palm。

こちらの方もSoftboy所属のラッパーで

インスタグラムで動向は勝手ながら知っていたのですがなかなかに素敵な方です。

知らない曲でここまでエネルギー有頂天でフロアの前までずしずし行ってしまったのは久しぶりです。楽曲を改めてチェックしてみます。

 

 

そして、KOJAQUE に、バッティング。

登場するやいなや空気がガラッと変わり

ダブリンのみんなも今日をずっとずっと前から待ちわびていたし、KOJAQUE もこのツアーを提げてこの場所に帰ってきたよと言わんばかりの存在感超ド級のアクトは

めちゃめちゃかっこよすぎて、私は始終笑顔が止まらなかったし、結果はフロアパンパンで熱気に溢れ答えを各位関係者にシカと表していました。全てが芸術的にカッコ良すぎます。

↓(ライブの模様)

https://www.instagram.com/p/BrFSFuhDx4X/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1ghpbvkgk3h3l

 

見せ方がうますぎて、一曲一曲のコジャクの圧に、飲み込むスピードと見惚れるタイミングが加速しまくり

フロアのテンションが疾走していくのが肩と肩とぶつかり合うたびに彼のすごさを極量で開示させられました。

 

ふと、隣の男の子(多分同い年くらい)を見ると…