【ニュージーランド留学】Language Exchangeは学校よりも話せる説

こんにちは!
先日、オークランドで開催されているLanguage Exchangeに行ってきました!
ここで「Language Exchange」とはなんぞや??
と思っている方もいらっしゃると思うので簡単に説明しますね。
Language Exchangeとは・・・
言語を学ぶ外国人同士がお互いに言語を教えあう、
言葉の習得を目的としたコミュニケーションがとれるイベントのことです。
お互いの文化理解のために参加する人も多く、ネイティブイングリッシュスピーカーも参加していたりします。
最初に思ったことは、言語を学ぶためだけの目的ではない人も多いので、皆の英会話能力が基本的に高いということ。
本当の本当に英語初心者の人にとっては、少し居づらいかもしれません。。
60人以上が参加しているイベントに参加したのですが、
最初に適当なテーブルに座るように言われ、そこから自由にその席にいる人達と会話します。
だいたい1テーブル6、7人でした。
本当にスラスラと英語をしゃべる人ばかりだったので、少しびっくりしましたが、
わからない時はちゃんとわかるように説明してくれたりしたので、ついていくことが出来ました。
ニュージーランド人のことをここでは「Kiwi(キウイ)」と呼ぶのですが、
kiwiの人達が1テーブルに1人はついていることが多く、スムーズに会話も進みます。
現地で育っただけあって、私たちが知らない情報をたくさん持っていたりします。
また、他の国から来た人たちの話を聞くことも、文化を知る大変貴重な時間になります。
知らなかったことを知り、自分がいかに幸せな環境で育ったのか思い知らされることも多々ありました。
Language Exchangeイベント終了後、仲良くなった人たちとご飯に行くことになりました^^
美味しいレストランやスイーツのお店、カフェなど良いところを知っているので、
すんなりと場所が決まり、すごい安心感がありました。
あっという間に時間が過ぎ、11時スタートだったLanguage Exchangeから、気が付くと17時になっていました。
ホームステイ先で晩御飯を用意してもらっていたので、私は帰ることにしたのですが、
たったの1日ですごく貴重な時間と出会いがあり、学校にいる時以上に話せたような気がしました。
また参加しようと思います。
英語習得への近道は話すこと、これに限ると思い知らされた一日でした。

学校は学校で、正しい英語をしっかりと学べるので、しっかりと身につけれているかなと思います。
日本人が多いので、しばしば日本語も飛び交いますが、英語を学びに行っているので極力英語を使いたいものですね。
そんなこんなで、金曜はお昼に授業が終わるので、出来るだけ英語だけを使って生活できるように
他の国から来た子たちとランチに行ってきました。
私のクラスの友達はブラジル人3人なのですが、その友達たちと合流して計8人でイタリアンレストランにいきました。

カルボナーラ。美味しかった。
スプーンが置いてありますが、イタリアでスプーンを使ってパスタを食べるのは
子供のすることだと昔誰かから聞いたので、それ以降使わないようにして食べています。笑
最近の私のオークランド生活はこんな感じです。
またバリスタコースの詳細などアップしていきますね^^

≪前の記事へ | Sakiの記事一覧 | 次の記事へ≫

質問・ご相談などあればこちら↓またはプロフィール欄からお気軽にお問い合わせ下さい。
【twitter】@Saaakiii20
【Facebook】

【リニューアルしました】Sakiの新しいブログ