【ニュージーランド留学】変換プラグと電源・電圧について

ニュージーランドに来てから思った、些細な事を今日はお伝えします。
表題にもありますが、変換プラグと電源についてです。
日本で使用している形状はこの形ですよね。
【A型】


ニュージーランドの形はというと、ハの字になっています。
もちろん、日本のコンセントは差さりません。
これは日本の100均で購入したものです。
【O型】


そして100円均のものがもし使えなかった時のために、下記の変換プラグも購入しました。
これは何かというと、全世界で使える超万能変換プラグなのです。
私はAmazonにて700円程で購入しました。
これだけ見たらどうなっているのかわかりづらいですが、
2つのパーツが組み合わさっている形になっています。


それを外して、
A型になっている赤丸で囲った部分を内側にひねると・・・


ジャジャーン!!!


ハの字になった!!^^
私は最初これを見たときに、こう思いました。
「え!!?O型ないやん;;ガーン」
と思いながらも色々触ってみたら、なんと!動いたので少し感動しました。
ホームステイ先に到着してから反応するか試してみました。


ー無反応ー

 

え?
もしかして100均のだから???
と思い万能プラグも使ってみたのですが、反応なし;;
これはやばいと思い、すぐホストマザーに確認。
「変換プラグ挿しても、反応しないよー><(英語)」
「机の後ろにあるスイッチ入れた?入れないと反応しないよ」
と言われ、確認したところ、あった。
このチョボを下にカチッとすると、無事反応^^


電子機器のチャージができるようになりました。
100均の変換プラグで十分使用できます。
ちなみにここで注意して頂きたい点を最後にお伝えします。
それは電圧の違いです。
日本では、東日本では50Hz、西日本では60Hzの交流100Vが使われており、
ニュージーランドの標準電圧は230/240V、50Hzです。
日本の電化製品を使用する場合は、その製品の電圧範囲を調べ240Vまで対応していなければ変圧器を用意する必要があります。
もし仮に挿してしまった場合、電気製品の破損、火災の原因になります。
ニュージーランドでいうと、ドライヤーは大抵電圧が違うので、持参するとすれば変圧器が必要となります。
しかしドライヤーは現地で約$15で購入できるので、現地手配がおすすめです。意外と風力もあります。
さらに変圧器とドライヤーを持ち込むとなると重くて荷物がかさばるので、おすすめできません。
スマホ、PC、デジカメの充電器などは、だいたいその充電器に記載してあるのですが240Vまで対応しています。
ですので変換プラグさえあれば、問題なく充電できます。
私の気のせいかもしれませんが、充電の持ちが長くなったような・・・笑

今回はニュージーランドの変換プラグと電源・電圧についてご紹介しました。
追って学校の様子や、交通機関についても記事にしていきたいと思います☆

≪前の記事へ(Only English)
≪前の記事へ | Sakiの記事一覧 | 次の記事へ≫

質問・ご相談などあればこちら↓またはプロフィール欄からお気軽にお問い合わせ下さい。
【twitter】@Saaakiii20
【Facebook】

【リニューアルしました】Sakiの新しいブログ