アイルランドのチップ事情について

 

ども

 

Koheiです

 

 

本日のウォールペイントはこちらです。

 

 

さて、今日はアイルランドのチップ事情について。

 

 

皆さんも海外でのチップ事情って気になりますよね。日本ではチップの文化がないため、なかなか実感がわかないと思いますが、そんな皆様のちょっとした助けになれば!

 

 

①チップ文化

まずアイルランドのチップ文化ですが、チップは絶対ではありません!もし、あなたが旅行などでアイルランドに訪れた際は、もしすごくサービスがいいと感じた時に払いましょう。

 

 

②チップ金額

チップの金額は決まっていませんが、料金の5~10%を払えば十分かと例えばお会計が€15の場合、€1.50を払えばバッチリです!それか、お札を出した時に小銭が出たらそれを渡すのもアリですね。

 

 

③払い方

基本的にレストランではレジ会計もしくはテーブル会計ですが、レジ会計ではレジの近くにチップ用のボックスがありますのでそこに入れてもらえれば!テーブル会計ではキャッシュで支払いの場合、帰りがけにテーブルにチップを置いておけばバッチリです。カードの場合はカード支払いのレシートにチップ料金を記入するのがありかと思います。もしくはあらかじめレシートに記載されていることもありますので、確認してみてください!

 

 

上記に記したようにアイルランドでのチップは強制ではありませんのでご心配なく。

 

 

また、アイルランドのナイトクラブなどではトイレにスタッフがいて手を洗った時に紙を渡された、そのあとチップをせがまれることがあります。そのときは気分で…(笑)こちらも強制ではないので。ただし、トイレにおいてあるガムや飴、香水などを使用したいときは€2ほど置くのがベストです。

 

また、働く側としては、チップだけで週に平均€20〜30、多い時で€100もらえることもあるため、ウェイター、ウェイトレスの仕事はおすすめですね。

 

では

 

 

今日はこんなところで。

 

 

Kohei

 

 

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考