【ど素人英語留学】アメリカのハロウィン🎃~ハロウィンパレード in NYC 編~New York’s Village Halloween Paradeに行ってきた!

みなさん、こんにちは。

Sakanaです🐟

前回の記事に引き続き、ハロウィン🎃記事です!

今回は、New York City にハロウィンパレードを見に行ったお話です。


10/31はついについにHALLOWEEN本番!!

でも学校はあるので、9:00~16:00は授業を受けて……

授業後にまたトイレの洗面台でせっせと準備をして……

(クラスメイトのアリアナ🎵)

こんな感じにコスプレしました((´∀`))

ハロウィンパーティーの時よりも血のりをいっぱい使ってさらにゾンビらしく!

コスチュームは、会場になるストリートに着いてから着たのですが…

着替えているところを撮られてた(/ω\)(笑)

クラスメイトもこんな感じに仮装してパレードが始まるのを待っていました😊

まだ暗くなる前から待ち始めて、約1時間後。

ついに始まりました!!!

~New York’s Village Halloween Parade 2018~

2018年のテーマは、

I AM a Robot!

だったそうです!←知らなかった

こんあ大きい骸骨が来たり、

全貌はこんな感じ☝

まさに巨大ロボットみたいな軍団や

蛇のモンスターのようなものまで

コスチュームを着ていれば、だれでも参加できるそうで、同じコスチュームを着た仲間にも出会いました!!

彼女は、日本人ではないけど、アジア出身らしい←忘れてしまった💦

他にも、同じコスチュームを着ている人がいて、

「君の刑期は何年?」

と声をかけられたり、

「あなたも参加しなよ!!できるわよ!!」

とこえをかけられたり、とても楽しく過ごしました😊

 

恐ろしい殺人鬼🔪

おじいちゃんのスーパーマン!!

いつまでも楽しめる大人でありたいなぁと思わされた一枚( ´∀` )

近未来的な巨大ドラゴンまで!!!

ロボットというより、かわいい巨大ぬいぐるみなベア達

これは何かのキャラなのか。。とりあえず凄い。

他にも、音楽隊や、ダンサー集団、イベントカーのようなものに乗った人まで!

お菓子を配り歩く人もいれば、おもちゃのネックレスやフラッグを配る人、飲み物を配る人もいました((´∀`))

参加者各々楽しんでいる感じが、見ていてとても楽しかったです😊

最後までは観ないで帰ることになり、タイムズスクエアの近くのハンバーガーを食べて帰路に。

とっても刺激的な夜でした😃

 

~アメリカのハロウィンに参加して思ったこと~

アメリカ人は、メリハリよくハロウィンを楽しむ!!

ハロウィンはアメリカが本場ではありません。

アイルランド発祥で、アメリカでは民間行事として盛大にイベントが開催されています。

キリスト教のイベントではないので、異教徒のイベントとして祝わない方も多いそう。

なんで、メリハリよく楽しんでいるなと感じたかというと、

パレードの日は水曜日、普通の平日でした。

パレードは、学校や仕事が終わった後の時間

夜の7時からです。

パレードまではそれぞれの仕事をこなして、夜を全力で楽しむ。

楽しむためにコスチュームを準備したり、飾りつけをしたり。

そして本番になったら、我を忘れて仮装したキャラクターになりきって見に来た人を楽しませたり、パレードを楽しむ。

パレードが終わったら、参加した人も見に来た人も現実に帰っていく。

メリハリあると思いませんか!?

日本では、ハロウィン前の週末に大騒動がありましたね。

なんともカオスで恥ずかしい。

コスチュームを楽しんだり、見る人を楽しませることは同じかもしれませんが、

限度を知らない人が少しでもいれば、状況はカオスになっていきます。

私が知る一部の出来事ですが、ハロウィンに人の車を横転させたり、車の上に載ったり、痴漢行為をしたり。

礼儀正しいと評される日本人の姿はどこへやら。

ハロウィンの力を借りて騒いだり犯罪を犯していて、こんなことならやるべきじゃないとなってしまいますよね😢

だからと言って、ここまで大きくなったイベントを縮小するのは難しいでしょう。

それであれば、New Yorkのように、民事行事としてハロウィンパレードなりコスチュームコンテストなり、なにか公式なイベントを作って時間を区切ってその時間にみんなが全力を向けられるようにしたら状況はよくなって安全に嫌な思いをせずに過ごせるのでは?と思いました。

何事もメリハリが必要。

来年の日本のハロウィン事情が少しでも良くなることを祈ります!

 

それでは、

See you:)