社会人留学生、初めてのチップシステム!?

こんにちは!社会人留学生、Hatsueです!!

 

 

ハワイに来て1ヶ月が経ちました〜!

あっという間。。

 

 

 

今日は、ハワイのチップシステムについて、ちょっと話します!

 

日本にはチップの文化はないので、ちょっとどうしたらいいのか。。と迷う方がいらっしゃるかと思います!!

私もそうでした〜!!

 

いつ払うの??

いくら払うの??

 

って、すごい迷いました笑

今思うと、ものすごく挙動不審だったと思います。。

 

 

 

そんなこんなで、私が経験したハワイでのチップ事情をご紹介します 🙂

 

 

ハワイのチップの相場は、15〜20%のようです。

 

ウォルマートやドンキホーテなどのスーパーマーケットでは、払いません。

私が今まで払った場所は、レストラン、フードコート内のお店でご飯を買った時、ネイルサロンかな?

 

お店で会計をしていると、よくレジの前に「Tip」と書かれたボトルが置いてあることが、よくあります。会計の時に、自分でチップを計算して入れるシステム。

私は計算が苦手なので、いつも(自分が買っただいたいの合計金額)の20%よりもちょっと少ない金額、で入れたり、cashで支払った時にはお釣りの小銭をジャラッと入れたこともありました。

cardで支払った時には、チップは別にcashでボトルに入れたり、cardの処理の途中で店員さんが画面を見せてきて、チップのパーセントのボタンを選ぶようになっていたりするところもあります。私が行ったお店では、15%、18%、20%の3種類のボタンから選びました。

 

 

 

レストランでは、レシートの下の方に「Tip」の欄があって、自分で記入してcashかcardで支払うようになっているところが多いと思います。

欄の下の方に、15%、18%、20%のチップだとそれぞれいくらなのかと、丁寧に金額が書いてあるところもあるようです!

 

 

 

別のレストランでは、このように勝手に15%のチップ(レシートには、Survice Chargeと表示されてます)が引かれてました。

聞いたことがあるのは、昔は日本にはチップのシステムが無いため払い忘れる客が多いようで、もらい忘れないために…なんて話を聞いたことがあります。

本当のところはどうであれ、このようにレシートに記載されていたら、別にチップを払わなくても大丈夫です。

 

 

 

cardで金を払った後に、支払った明細をもらうと下にチップの欄が。。

 

 

レシートの様式で書かれてしまうのか?わかりませんが、自動で引かれていると気づかないと、二重で払ってしまうところでした。。

みなさん、お気をつけください!

 

 

 

 

 

 

Mahalo🎵

 

 

 

第11回One Project始まりました!

締め切りは、11月末まで!

その他、ちょこちょこ更新中 😛  😛

まだまだ慣れないインスタグラム⇒https://www.instagram.com/hatsueshibata/

最近、つぶやくのが楽しいTwitter⇒ https://twitter.com/hachi07210721

世界中の友達と繋がれるfacebook⇒ https://www.facebook.com/hatsue.shibata.7