ブリスベン 学校生活

さてさて、

10月中旬からスタートしたオーストラリア🇦🇺生活

ワクワクな気持ちと、不安な気持ちが入り混じった新生活の始まり、、、

私が一カ月通う学校は、ブリスベンのシティーにある《Lexis English》。

私の住んでるスチューデントハウスから、シティーの学校へはフェリーを乗って川を渡らなきゃ行けないという、初日の私にとってはレベルが高すぎる学校通学路💦

オーストラリアでは街の至る所に、川が流れているので川を渡る為に無料や有料フェリー⛴があります。

こんな感じ👇

🙋‍♀️わたし →🏫学校

毎日、学校の行き帰りはフェリーに乗ってました。

初めは凄い🤩の感動でしたが、慣れてくるとフェリーの時間も決まっている為、待ち時間などを考えるとめんどくさいとなってきた私、、、。

無料なフェリーはやはり人気で、いつも長い列が並んでいました‼

 

初日の学校では、学力テストとオリエンテーション

その結果でクラスが決まります☺

私は初め《intermediate》のクラスになりました。テストはそこまで難しくなかったので、そのクラスになりましたが、いざクラスに参加してみると、グループ授業なので周りのレベルが高い高い💦周りはブラジル人やイタリア人、韓国人、ベトナム人などみな、ある程度の英語力はあるので1人1人の質問や返しが早い早い💦ついていけない私、、、これにはさすがに落ち込みましたわ😭

1週間お試し後、一つレベルを落として《pre- intermediate》にクラスを変えてもらいました。

前回のクラスより、先生の話すスピードもゆっくりで分かりやすく、何より教室の中でまた4人に分かれてのグループディスカッションの時間があったので、私的にはやりやすかったです‼

午前中の授業は

9:00〜10:30  (15分の休憩)

10:45〜12:15

12:15〜13:00 お昼時間

13:00〜14:00 午後のオプションクラス

一日の流れはこんな感じ。

オプションクラスも、スピーキングやリスニング、文法や単語など自分が習いたい分野を選択します。

 

また、この学校内では英語だけしか喋ってはいけないというルールがありました‼

もし英語以外の言語を喋っていると、先生に注意されます💦初めは学校生活にもまだ慣れていなかった私は、意識して英語で頑張って喋っていましたが、いざ学校生活を送ると、

あら?これ英語か?という言語が聞こえたり、日本語や韓国語が聞こえたり、、、笑

日本人が日本人同士で日本語を喋りたくなるように、ブラジルやコロンビア人も同じように母国語を喋っているのです笑

日本人だけではなく、どこの国もやはりそんなもんなのかと思った瞬間。

また、毎日宿題があったり、毎週月曜日は週のテストがありと、なかなか忙しい学校生活でした。

これは学校のハロウィンパーティー

先生の仮装が異常にぶっ飛びすぎて、写真を撮ってもらったよ👻

 

そんなこんなで学校生活、一カ月の始まり

この一カ月で私は何を学んで体験して、何を吸収できるのだろうか、、、。

続く