セブ島 現地の子供達と交流

 

私が通っていた3Dアカデミーでは、毎月の最終金曜日に『OUTREACHプログラムという、ゼブの現地の子供達との交流がありました☺

このプログラムは、ゼブの子供達のために3Dの生徒達がボランティアを行う活動のことです。

月に1回しかないプログラムなので、すぐに募集人数が埋まってしまうほど、人気なプログラムなんです‼

私も3ヶ月最後の月だたので、一番乗りに名前を書いて参加してきました✌

 

 

目的地の学校は、3Dから車で走って約30分《Babag Integrated School》という学校。

 

案内されたクラスはこちら💁‍♀️

6〜7歳の子供達🧒

写真を向けられると、恥ずかしかってみんな下を向いてる笑😂

こちらでは、3Dの生徒と子供達が一緒に遊んで交流を楽しみました♩

3Dの先生がお題を英語でだして、3D生徒が子供達の前でジェスチャーして当てるゲーム

子供達は、ほぼタガログ語やセブアノ語を喋っていたので英語は簡単な単語程度☺

 

お次は一緒にお絵描き、、、

やはり子供たちはお絵描きが大好き‼

みんなペンやクレヨンの取り合いっ子な場面も見られましたが、お絵描きできて満足な様子😂

 

途中からは、カメラにも慣れた様子でポーズをとってくれた子供達💞

 

留学ならではの体験プログラム

私はこのOUTREACHプログラムに参加できて、本当に良かったです‼

日本の設備が整った学校とは違い、椅子もテーブルも木の手作り、クーラーもなければ扇風機さえもないので、教室の中は私達3Dの生徒もいるため、人が多すぎてサウナ状態💦

脱水になるんじゃないかと感じるくらいに、汗をかきました😂そんな生活がゼブでは当たり前のことなんだなと感じ、そんな中でも満面な笑みで楽しんでいる子供達🧒

現地の子供達と触れ合う機会はなかなかないと思うので、私にとってはとてもステキな体験になりました☺

留学する機会があれば、ぜひ現地の学校へボランティアとして参加することをオススメします。

子供達の笑顔に癒されますよ☺