【アイルランド留学中旅行記】トルコのクラブ事情と闇。

トルコに来ました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

🇹🇷

 

実は昔からターキッシュカルチャーに強い憧れがあって。

大学4年生の頃、卒業後はトルコに留学してみたく調べていた時期がありました。(しかし貯金通帳との兼ね合いで企画倒れ)

トルコ語の前に、英語すらままならず😖なくなく諦めることに。と、まあ。ただの言い訳にしかすぎず決断力に欠けていただけですね。

しかし、運というかタイミングというべきか

念願叶って

2年前、弾丸ひとりトルコへ。

当時、あまり政治状況が良くなく。周りの方に大変ご迷惑、ご心配をおかけしてしまいましたが

実際着いてみた感想は……….

ななななななんて素晴らしい国なんだろう、と。✨✨✨

一瞬でトルコに魅入られてしまいました。百聞は一見にしかずです。

なぜ、あの時。お金問題だけで留学を諦めてしまったんだろうと….

ずっと後悔させられていました。(だからこそ今ダブリンに住むまで至れた気がします。)

 

トルコは本当にだいだいだいすきな国です。

トルコの世界観は、ダブリン然りヨーロッパのセンスともまたちょっと違い

この絶妙な、ヨーロッパと中東のミクシングが気持ちいいくらい完璧で。

トルコ好きな方は、トルコ大好きな理由が本当に本当によくわかります。

てなわけで久しぶりにまたまたひとりトルコ旅行です☝🏻

 

というのも。

ダブリンからイスタンブールまではターキッシュエアラインの直行便が出ていて片道4時間で着くことが出来ました。行くと決めたのが2週間前?だったかくらい。わりとギリギリで決めましたが片道9000円でチケットが買えました。(多分頑張ればもっと安く行けます。)

前回来たし、余裕っしょ。

と、何も調べずに来たけど。これが大後悔。w

なんだその自信は………….と、今更ながら何日か前の自分をグウでぶん殴りたいです。👊🏻

 

まず、入国審査の長蛇の列。

たぶん1時間以上は並びました。

中東系の方がとても多く、ビザやあれこれ問題があるみたいで。一人一人がとても長く質問されているようです。

こんなんだっけ?!入国審査官!?って感じでしたが

何人かの人たちは別室に連れていかれているのも見てとれました。………….厳しいのか。

なんかなんか、私の番きたらどうなっちゃうんだろうかと並んでいる間冷や汗がびっちょりになってきました。が

いざパスポート提示すると、なんにも。一言も言葉を発せられず、スパコーン。と入国審査スタンプを押され、ネークスト!と言われました。

おおお…………よくわかんないけどよかった。

で、全然Wi-Fi入らない問題。

なにで市内まで向かうか下調べ不足。やっばー。

空港内ロビーにはタクシー斡旋会社?みたいな方達が

タクシー?ヘイタクシー?

とめちゃめちゃ声をかけてきます。(何故だろう…困っているから乗りたいのにこんなに捲し立てられると全然乗りたくなくなるこの気持ちは。

まるで渋谷の居酒屋のキャッチにあっているよう…。)

電車に乗ろうかなと思ったのですが、まずはネットが先です。乗り換えが必要だと思うので調べたい。

空港内にはトルコの携帯会社のSIMカードが販売されているようで、手っ取り早くここで買ってしまおうと窓口に行くと…

1番低いギガで250リラね、と言われました。

考える……………..

五日間の滞在で250リラ(約5300円)うーむ。

なんか思っていた値段と違う。何回聞いても、1番安いのがこれだよ、って言うし。

いろいろ考え直して、辞めることにしました。

 

途方に暮れつつ、空港の外に出てみると

タクシム行きのバスを発見!!!!!!!!!!!!!

これや。これに乗れば市内いけるやん。と、我ながら感動。

しかも空港からバスで約40分くらいかかるタクシム広場まで片道14リラ(約290円)で行けてしまうという安さ。

感覚を思い出してきて、安堵しました。(飛行機着いてから血迷って2時間は空港に居ました………)

そして無事タクシムに。

こっからホテルまではさすがに歩きは厳しいのと

夜の9時過ぎを回っていて、あたりの雰囲気にちょっと不安がよぎったので今度こそタクシーを拾う決心。

もともとグーグルマップをオフラインで見れるようホテル周辺の地図はダウンロード済みだったので、逐一確認しながら運転を見ていましたが。

明らかに遠回りすぎる!!!!!!!!!