One project

シェアハウスを内覧したら・・・だった

こんにちはAKIEです

今回も、、、続!!!

モントリオールで家さがし!!!

伝えたいことが多すぎる(笑

現在フルタイムで学校に行っている私は

基本毎日家と学校の往復。

学校にはいろんな国の人がいるけど

カナダで暮らしているネイティブさんたちと

関わることって意外と少ないんですよね 🙄 

でも今回、お家を借りるに当たり

ネイティブのオーナーさん

と関わることになり・・・・

あれま!!びっくり!!という事が沢山でてきたw

今日はその件について書きたいと思います。

物件その①

私が最初に内覧したのは、女性だけの

シェアハウス。お値段は470㌦と、少し高め

だったけど、ルームメイトは全部で3人と

少ないし、おしゃれなプラトーエリアの駅近

物件という事で、さっそく見に行くことに。

約束は13時。5分前に到着した私が

オーナーさんに連絡すると

「ごめんなさい。私少し家に着くのが

遅れるわ。」とのこと。

その日の外気温は1℃

「寒いのに外で待ちたくないなぁぁ 😥 」

と思いつつ、いつごろ着くのか聞くと

「15時くらいかな」と返事が。

へ???15時????

2時間先なんですけど!!

遅れすぎじゃない??笑

しかも、本当にごめん!みたいなニュアンス

じゃなくて、「じゃ、15時に変更で♪」

みたいな軽いノリ。

「ウチナータイムかよ!」とツッコみそうになったw

待つこと2時間、フィリピン人のオーナーさんと合流し

部屋の中を見せてもらった。

モントリオールでは、シェアハウスの内覧時は

本人不在でも、ガンガン部屋の扉を開けて

中を見せてくれる。というか、

下着やらなんやら干してある部屋の中に

普通に入れてくれる。

そのお家は写真ではとてもきれいで落ち着いた

雰囲気だったんだけど、実際は・・・

めちゃ散らかってた(笑

そして家じゅうがなんだか埃っぽい。

これ、カナダあるあるらしい。

↑後から知った(笑

女の子だけのシェアとのことで、

綺麗な状態を想像していただけに、

結構ダメージが大きかった(笑

住人はイギリス人とブラジル人の女の子。

人懐こくていろいろ話しかけてくれたのは

嬉しかったんだけど、、

誰の趣味なのか、リビングでかなり香りの強い

タイ系のお香を炊いていて、

イギリス人とブラジル人と日本人が、一緒に

タイにいるような不思議な感覚になった(笑

部屋は3階の高さに位置していて、

リビングルームについている大きなバルコニーは

とっても素敵だった。

ただ、個室は狭いうえに窓が無く

閉塞感があったのと、部屋に充満する

お香の香りが結構苦手で・・・(笑

契約はせず見学だけで帰ってきました。。

470㌦も出すなら、もう少し清潔な

所に住みたい。というのが本音だった・・。

物件その②

今度は英語圏サイドにあるお家。

週末に内覧したい旨のメールを送ったけど

返事がなく(これ、よくあること)

諦めかけた火曜日の午後に

「今から2時間家にいます。来れますか?」

といきなりメッセージが来た。

「え?え?え?急だな!!??」

とは思いつつも、良い物件だったので

「20分で着きます。」と連絡を返し、

友達との約束をキャンセルさせてもらって

走って電車に乗った。

そして、言われた住所の前に着いたちょうど

その時、またメッセージが・・・・。

「本当にごめんなさい。妻が他の人に貸してしまった。」

と。。。。。。。。

はい~~~~~??????????

なんでも、私が連絡を取っていたのは旦那様の方で

奥様が同時に他の人とコンタクトを取ってたのを

知らずに私を呼んでしまったそう。

そして、私が家の扉をたたく直前に

ちょうど契約が成立してしまったのだとか。

モントリオールでは、内覧して気に入ったら

その場で頭金を渡して契約が成立。

という、超絶スピーディーな展開で入居者が決まる 😯

条件の良い家は、ネットに記事を出して

1日~3日後には募集が終わっているって

かんじ。だから逆にいつまでも記事が

出ている家は要注意。

何か売れ残る原因があると思う 🙄

そんなわけで、タッチの差で逃した優良物件。

リビングに招いてくれて、ひたすら謝られたし

奥様はハグして慰めてくれた 😥

「もしあと5分早かったら、あなたが

ここに住めたんだけど・・」と。

オーナーのおじいちゃんは日本語が話せる

とのことで、色々なジョークも飛ばしてくれた

けど、、、、

正直呆然としていて全然頭に入ってこなかった(笑

まだあるよ。

次はちょっと怖かった話。

nextページ↓↓




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【講師直伝】おすすめ英語アプリ紹介~第一弾~
  2. 【26】モントリオール留学、3ヶ月・6ヶ月・10ヶ月の費用を試算…
  3. Hawaii35日目 ウミガメと泳いだ、、♡ ~ShiiのHyg…
  4. 留学生インタビュー付き!今マルタ留学を選ぶべき7つの理由〜バーデ…
  5. アイルランドのショッピング事情
  6. 【旅のお話】バレエ『白鳥の湖』を初めて観た時の話 〜イギリスOn…
  7. ハリケーン Lane Part2
  8. 気になるハワイ🌴〜モンサラットアベニュー/カフェ編〜

ランダム 運命の10記事

32. カナダのお菓子・野菜・果物 その2

Sunnyの自己紹介ブログカナダのネットショッピング。コンタクト編前回ブログ 31.…

One project~挑戦~

こんにちは梅雨明けかな??ぐらいのとってもいい天気(*'▽'*)嬉しいしかし、こ…

アイルランドのビール事情について!

どもKoheiです。&n…

~第5回 One project アイルランド~ 学校の特徴

こんにちは!KOHEIです!ブログって今までの人生の中であまり書いたことがないので文字の大き…

ロシアで日本食食べてみた!お寿司は日本と違う?【ロシアンガールやの】

こんにちは〜やのです! :-)宜しければpolcaご支援おねがいします!…

航空券比較サイトのオススメ

==フライトチケットを買おう==こんにちはAKIEです :-P前回に引き続き、お得な航空…

ワーホリ持ち物リスト

こんにちはAKIEです :-Pいよいよ出国日が迫ってまいりました!成田空港から出発の為、家族…

~第5回 One project~ワーホリ・学生ビザについて

みなさんこんにちは!Koheiです!今日はタイトル通り、「ワーホリ・学生ビザについて」書きた…

student leap card続き!

みなさん、こんにちは!ダブリンに来て早くも1週間が経ちました!今週から学校も始まっていて…

セブ留学 AYAKA☺︎ ~願いが叶うパワースポット「シマラ教会」へ行ってきました~

フィリピン・セブ島で留学中のAYAKA☺︎です★本日、2018年2月16日(金)は祝日で学校…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  2. 慶應女子の武者修行日記~パレスチナごはん~

    こんにちは、青山です! 先週の放課後はみんなでビルゼイトの町を散策♪ 大学が位置するビルゼイトの町は ラマッラーほどではないですが 一通り...

  3. マルタでSIMを買ったら….でびっくりーALL IS WELLー

    こんにちは!まきです\(^o^)/ 蚊に刺されて、かゆいです。いっきに10箇所やられました。     違う...

  4. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

  5. 釜山トランジット9時間!町に繰り出してみた。 〜沖縄からセブへ

    やっほーいいいいいいいい🌺 先走って語学学校入寮の4日前にセブ入り。 来て2日目の本日は、両替しに勇気だして街に繰り出したら、日本円を部屋...

  6. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Minaの自己紹...

  7. 慶應女子が虜になった中東スイーツ

    こんにちは、青山です。 以前ヨルダンに行った時に、 虜になった中東のスイーツがあります。 それが「クナーファ」 クナーファは15世紀頃...

  8. 【イギリス限定】ニベアのリップバターを買ってみた

    こんにちは、青山です。 せっかく留学したらそこでしか手に入らない商品を買いたいですよね。 そこで今回、日本では手に入らない ニベアのリップバ...

  9. 電車で一本!!ニューヨークからモントリオールまで電車の旅をしてきました!

        どーもーー!ゆうちゃんです!     前回、『カナダ行く前に起こった悲劇...

  10. パスポート更新!有効期限が一年以上ある時必要な3つの書類

    こんにちは! 😀 パスポートは大抵、有効期限が一年未満にならないと更新できません。 ですがワーホリビザを申請にあたり、 手持ちのパス...

PAGE TOP