チップに関するあらゆる疑問 by Aika

今日は朝から不動産にいってきてデポジットを払って
いよいよ引っ越しが近づいているなぁと感じてるAikaです!

なかなか難しい。
どうやらこっちの口座を開くことになりそうです(笑)

そしてそのあとランチへ!!

そこで思ったこと
ハワイのチップややこしくない?(笑)

めちゃめちゃ無理矢理話持ってったやん(笑)

ってことでうまいことつなげれたので
チップのお話していきます(*^^*)✨

 

・まず、そもそも払うべきなのかどうか

私が思うに
サービスを受けたら払うべき!!

例えば
食べ物をテーブルまで運んでくれた
水を入れに来てくれた

なにかをしてもらった場合は払わないといけないと思います☺️

 

でも、例えばレジで対応を受けて
商品ができたら呼び出されて
それを受け取って食べた
さらに自分で捨てにいった

この場合は払わなくてもいいんじゃないかなって思うんです。

なにもしてもらってないのに
誰に対してチップを払うのかわからないし…

作ってもらったやん!
って思うかもしれませんが
それは商品代金に含まれてますので(笑)

日本にはチップの文化がないからこそ
ご飯をたべたら15%~20%のチップを払わないといけない!!
と考えすぎてるかなと…

別に態度が悪かったら払わなくていいし
逆に素晴らしいサービスを受けたなら20%払ってもいいし

ようは気持ちってことですので
あんまり考えすぎなくてもいいかなって!

 

・チップはどうやって払うのか

よし!いいサービスだったし
チップは15%にしよう!
と決めてお会計へ

ハワイでは店員さんに「Check please」と伝えるか
食べ終わりましたって感じにしておけばお会計をもってきてくれますので
席についたまま済ませます!

値段がかかれたレシートがくるので
それを確認して
現金かカードを挟んで渡すだけ!

カードの場合
渡したあと
カードと自分用控えと店舗用控えとペンを持ってきてくれますので
チップを書き込んで
自分用控えとカードを抜いたら
そのまま置いて帰って大丈夫です!

現金の場合
「Change please」と伝えて渡したあと
帰って来たおつりからチップを挟んで置いて帰るか

チップも含めた現金を挟んで
「I don’t need change.」と言えばそのまま持っていってくれます!

ここで注意点
・チップが含まれていないか

ハワイは日本人が多いこともあり
そもそもお会計に15%のサービス料が含まれていることが本当によくあります。

レシートに書いてあるので
絶対にしっかりチェックするべき!

含まれている場合は上乗せでチップを払う必要はありません(^^)/

クレジットの場合は
Tipの欄に×を記入して置いて帰ってください✋

・やっぱりどのくらい払うのかわからん

チップは気持ちと同じです
あなたがあげたい分あげてください!

相場は決まってますが
別に絶対ではありません(´・ω・`)

あげたくないと思ったら
あげなくていいし

あーあげたいこの人にはと思ったら
あげればいいんです!

日本にはない文化だけど
難しく考えずに
まずはその場を楽しんでください♪

mahalo~bye!

Aika

 

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考