【感情のまま生きてきた私が立てた目標設定】

目標を立てたのは良いけれど、いまいちピンとこないんです。
それはなぜか、、、
今まで私がすごいと感じた目標を持っている人は、目標のレベルが違うからです。
自分がまだそこまで至っていないというのはありますが、
果たしてこの目標で良いのか?と自問自答しています。

いつも私は目標をたてる前に、無理やり目標を立てるのではなく、
自分がしたいことをしているその時に、次の目標をピコンッ!と閃くからです。

カナダに行くことを決めたのも、
「お金を貯めてから行くんじゃなくて、行く日にちを決めてからお金を貯めたら?」
という一言をお世話になった人から言われて
すぐにビザ申請をし、その目標は達成されました。

そしてカナダから帰国する前に、
日本に帰って一体何がしたいんだろうと考えた際、
・一旦日本に帰って母の夢を叶える
・フィリピンに行ってもう一度みっちりと英語を勉強する
この2つが目標となりました。

目標を定めたらすぐに行動するので、
・日本へ帰る航空券の予約
・母をおもてなしするための全日程のプランを組む
・日本での航空券、宿の予約、お祭り観覧席の予約
・フィリピンの語学学校の予約と支払い
全ての必要な手続きを、カナダにいる間にやってしまいました。

母との旅行も無事終え、フィリピンに留学している間、
また先のことを考えました。
帰国する1ヶ月程前に、ニュージーランドの魅力を友人から聞き、
自然好きの私にとって行かない選択はなく
よし!行こう!となったわけです。
私は自分が行くと決めたら、人にその目標を言いまくります。
私の場合はそうすることで、実行に移せているからです。

なので、今回はまだピンときていないまま絞り出した目標なわけですが、
漠然としたものから細々したものまで結構出てきました。

それがこちら↓
<漠然編>
・経験を増やし、周りの人達に可能性や勇気を与えれるような人間になる
・聞き手が希望を持てるような夢を語れる大人になる
<細々編>
・ブログで見ず知らずの人に応援コメントをもらう
・ニュージーランドに最低でも1年間滞在する
・現地の人や他国から来た人とのコミュニティに入る
・英語環境に身を置く
・英語をスラスラ話せるようになる
・ネイティブの話す英語に慣れる
・日本にいても海外にいても英語を使用する仕事に就く
・映画を字幕なしで9割以上理解出来るようになる
漠然編で上げた目標は、私の人生においての目標でもあるので
目に見えず、評価するのは難しいですが、中には1年では絶対に習得できないので、
長期戦になるものもあります。
周りから見れば、もし流暢に英語が話せるようになっていたとしても、
自分では英語力に納得出来ていないような気がしますし、、
結構判断のさじ加減があいまいなものもあります。

でも、目に見えるものは出来るだけ実行したいと思います。
いつかこのページを振り返って、
【おお、知らん間に全部出来てた】
という日が来ることを願い、励んでいくことにします。

そういえば目標設定をするときに、
参考にしたサイトがいくつかあって、その中に書かれていたことがあるんです。
この項目について考えることで、見えてくるものがあるんじゃないかと思ったので、
パッとメモしました。
その結果がこちら↓
①それをやると得るものは何か? → 経験、実績
②それをやると失うものは何か? → 婚期
③それをやらないと得られるものは何か? 平々凡々な日常、後悔
④それをやらないと失うものは何か? 自分らしい人生の送り方

相変わらず自由人。

皆さんも目標設定をする際は、上記4点を考えて行動してみてはいかがでしょうか。

《前の記事へ  | Sakiの記事一覧 | 次の記事へ》

質問・ご相談などあればこちら↓またはプロフィール欄からお気軽にお問い合わせ下さい。
【twitter】@Saaakiii20
【Facebook】

【リニューアルしました】Sakiの新しいブログ