なめちゃダメ!世界で最も人間を殺している動物。

こんにちは!!

RIKAです!!

 

パナマへの渡航が近づいてきて、

実感もなく、仕事で楽し忙しく過ごしてます!

 

さて、私が行くパナマは中米(中南米)

未知の世界過ぎて、情報も少ないので色々と準備が大変なんです。

さて今回は中南米に行く前のワクチン接種について!

まず、ワクチンについてですが。

何を打てばいいの?というかんじですよね。

一応 生省【FORTH】

のHpにのっているのはこんなかんじ。

 

これ全部打たなきゃいけないの??

ってわけではありません!!

まずはお近くの渡航外来のある病院に行って、

行く場所や地域など詳しく話したら、

地図を見ながら

何が流行ってて、どのレベルなのか

などを見ながら打つワクチンを決めていきます!!

私が今回打ったのは

A型肝炎・B型肝炎・腸チフス・狂犬病

の4本!!!!

 

 

今後打つのは、黄熱病、B型肝炎(もう一回)、狂犬病(もう一回)

残り3本も、、、、。

頑張れ私!!!(笑)

 

破傷風(2回) は過去に打っているので今回は無くてOK

A型肝炎  も過去に打っているので一回でよし。

 

1日にこんなに打って大丈夫なの?とみんなに心配されましたが。

大丈夫です!!

 

ワクチンですが、ワクチンの種類によって開けなくてはいけない日が変わるんで要注意!!!

 

黄熱病などの生ワクチンを先に打ってしまうと、27日間(ほぼ1か月)ほかのワクチンを打てません!!

なのでお医者さんと相談して、ワクチンスケジュールを立ててください!!

 

ちなみに黄熱病のワクチンは病院ではやってなく、検疫所にて接種がうけられます!!

ForthのHP

に受け付けている検疫所などの情報があります!!

 

 

狂犬病ワクチンについて

ワクチンをうったら大丈夫!!

そうおもっていたら危険です(+o+)

狂犬病については

狂犬病ワクチンを打っていても。打っていなくても

処置は一緒です!!

①まず何かにかまれたらエタノールなどで洗う

②すぐに病院へ行って24時間以内にワクチンを打ちます

③その後決められたスケジュールでワクチンを計6回打ちます。

(3日、7日、14日、30日、90日)

狂犬病はもし発症したら→死

 

ペルーに行ったとき野良犬がうじゃうじゃ。

その時は打って行っていなかったけど、そんな知識もなかったので。

今思うと相当怖いですね。

ちなみに狂犬病は

犬だけではなくコウモリやキツネなどいろんな動物が持っているので注意してください!

どんなにかわいい動物でも

動物には触らない!!が一番です。

 

 

他にもはやりの病気がありますが、ほとんどの原因は

世界で一番人間を殺してるのは

なんですよ!!!

 

ちなみに2位は人間

3位は蛇らしい。2位の人間てのも相当恐ろしいけど。。。。

 

 

ワクチンや予防薬などが無い病気もあります。

結果大事なのは気をつけて

蚊に刺されないようにすること

蚊よけクリームなどをぬって、露出を控える。

蚊の活動が活発になる時間をさける。

などなど。

 

蚊よけは

DEETという成分が30パー以上のものをつけるといいと先生からの助言。

日本だとなかなかない?

DEET30パーの虫よけ

 

私の知り合いの方のおすすめは(ペルーの奥地に行った時の経験より)

日本でも買えるアース製薬さんのこれが一番良かったとのことでした。

 

私も爆買いしていく予定です。(笑)

あと蚊帳!!

 

そんなに???とバカにされたって。

私はびびりなので、

備えあれば患いなし!!

でいろいろな対策しつつ。

今後も情報あげていきますね!!

 

 

そうそう。

余談ですが。

日本では病院に行けば打てるワクチンですが。

 

スペインでは、薬局で自分でワクチンを購入し、それをもって病院へ!

(そこになければとりよせ)

 

それを病院へ持って行って、うってもらう。

というのが向こうのワクチン接種でした!

 

留学中にどこか別の国へ行く場合。

ワクチンを受けたい方は近くの薬局に聞いてみてください。

 

補足ですが、

海外で受けたワクチンを、また日本でうちたい場合。(2回接種が必要なモノなど)

型を合わせるために

国産(日本産)ではなく輸入を打たなけらば行けないので、少し高くつきます。

私はスペインでA型肝炎をうっていたので、日本でこの前打ったものは輸入品でした。

国産は5000円位ですが、輸入になると14,000円ほど。。。

 

私は長期で、観光業でいろんなところに行くので、色々打っていますが。

旅行などで行く場合はもう少しすくなくなるかも?

まずは近所の病院で相談してみてくださいね!!