【アメリカ留学】炊き出し(Soup Kitchen)に行ったら、求婚された話。

Hi! Nanapzです~☀

アメリカに来て一週間ほど経ちました。

実は、到着2日目にSoup Kitchen(炊き出し)のボランティアに参加してきました。

アメリカでは教会などで、ホームレスに対する炊き出しが盛んに行われています。

私が行ったのは、ニューヨーク最大規模・アメリカ内で二番目の規模のHoly Apostles Churchだったのですが、100人が一度に食事(随時入れ替わり)をし、2.5h/日×平日5日開催というサイズでした!

        

正直、着いて翌日に参加することに迷いもあったのですが、結果行って本当に良かった!



どんなことをしたか、順を追って説明していきますね。

私のように個人で参加している人もいれば、大学や企業といったグループ単位で来ている人もちらほらいました。


だいたいボランティア全体で40人程度でしょうか。
毎週固定の曜日に来ている近所のおじいさんたちもいました。(ボランティアに毎週参加しているだけあって、見るからに善良な人が多い)
その日、アジア人は私だけでしたね。


仕事は、受付(炊き出しを食べるためのチケットがある)や食事を盛り付ける人、バッシング、テーブル掃除といった感じ。

私は、使われたテーブルを拭いたり、調味料を切らさず準備する仕事でした。

ホームレスの人と一番近い距離で仕事できるので、ラッキー!



一部には永遠に大声で独り話し続ける類の人もいるのですが、基本的には優しい方がほとんどでした。

中には、ボランティアのお陰でご飯を食べられるよと声をかけてくださる方もいらっしゃいました。

アジア人が来ていることが珍しいのか、出身を聞かれてそのまま会話を楽しむなんてことも。

ここで、大きな気付きが一つ。


私にナンパ師のごとく話しかけてくるのは、みんなBlack people(黒人)のおじさんなんですねえ。

むやみに挨拶されたり、ひたすら可愛いねと言われたり。名前を聞いてくる人もいたな。笑



イタリア男的な性質なのかな?とも思ったのですが、ネットでは特にそういった情報はなく、、、。


最も驚いたのは、容姿を褒め、名前を聞いてくださり一番多く話したおじさんが帰る際、耳元で
”I will marry you.” と囁き去ったこと。

え?断言??と思った瞬間には有無を言わさず帰っていった、、、。



少なからず海外で需要があると分かったのは嬉しいけど、もう少し経済力のある人がいいかな~。笑



今回はこのへんで。See you again!


Instagramもぜひ御覧ください。

Twitterでは日々の驚きを細かく書いてます。


Nanapz.