社会人が仕事を辞めてまで留学に行く意味

aloha〜!Mikiです。

 

社会人が一度就職した会社を辞めるのはとても難しい事だしハードルも高いと思います。

特に日本は「新卒」に対して重きを置いているので、既卒の再就職は難しいのも現実です。

 

でももし自分がやりたい事があるならば

 

一度きりの人生だし

 

私はやった方がいいと思います。

 

 

 

 

よく愚痴ばっかり言って

「あ〜、仕事辞めたい」

「私の会社ほんとにブラックなんだよね〜」

って言っている人がたくさんいます。

 

 

私は自分の仕事をバカにしたり卑下するのは好きではありません。

 

今私がしている仕事が誰かの憧れだったり、誰かの夢見る未来であると思うんです。

その時にこの仕事は素敵だよ、素晴らしい仕事だよって胸を張って言いたいんです。

もし自分の仕事が尊敬出来なかったり、嫌々やっているのであれば辞めた方がいいと思います。

 

 

 

 

やりたかったらやればいいと思うし、やりたくなかったらやらなければいいと思う。

 

 

社会や周りの環境のせいにするのは簡単。

やらない自分を正当化するのも簡単だし、自分は傷付かなくて済むから楽。

でも私は、周りのせいや環境のせいにしたくなくて

やるか Or   やらないか

を自分の意思で自分の責任で決めたかったんです。

 

 

 

人に自分の人生の責任を任せたくない。

 

 

 

私の人生の責任は自分で取り合いたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

私は

 

「大事な事ほど人に相談しない」

 

と決めています。

 

もしかしたら、家族や大切な人、大切な仲間には相談するかもしれません。

 

 

 

 

 

でももし誰かに相談したら

 

「純粋に自分の意見が分からなくなっちゃうのが怖いんです」

 

例えば、自分の尊敬する人に相談したら

自分の意見じゃなくてその人の意見になっちゃうような気がして。

 

自分の心の中は何を思って、何を感じているのか

をもっとクリアにしたいと。

自分で決めた事は全部自分で責任を取りたいから。

 

 

全部自分で決めて、結果的に上手く行かなかったとしても

自分が全部悪い!もっと改善しようってなると思うんです。

 

でも人から聞いた意見だったりすると

「あの人が言ったらから…」

「聞かなければよかった」

など自分の都合の良いように解釈しちゃう気がして。

 

だから大切な事を決める時ほど自分としっかり向き合いたいので基本的に相談はしません。

 

 

 

One Projetに応募した時も誰にも相談せず応募して、母親にOne Projectの事を話したのも最終選考の前日でした。

自分の意見だけで自分の頭の中を埋めたかった。

 

One Projectの選考会が終わりハワイOneに選ばれた時、2018年の6月に仕事を辞める事を自分の中で決めました。

第5回目の選考会は2017年の3月にあったんです。なのでハワイOneになってから実際出発するまでに1年半ほどありました。

5代目の他の代表の子は選考会の数ヶ月後とかに出発する方もいたので、私はかなり遅い方でした。

よく1年半も待ってくれたと思います。ありがとうございます。

 

なんで仕事を辞めるまでに1年半かかったかを説明します。

 

 

 

本気で仕事を辞めようと思えばすぐ辞められると思います。

でも私は辞められずにダラダラ1年半過ごしていたのではありません。

ハワイOneに選ばれた時点で2017年4月から病院のプロジェクトに1年間参加する事が決まっていたんです。

2017年4月〜2018年3月の1年間かけて院内で論文を書くチームへの参加が決まっていました。なので、私の中ですぐ辞めるとう決断は一ミリもありませんでした。

2018年の3月一杯で退職するのが一般的で年度も変わるからいいのかなぁーって思ったんですけど、プラス3ヶ月働けばボーナス貰えるじゃん!って思ってじゃあ2018年の6月一杯で退職しよう!と決めました。

One Projectの最終選考の時にもう代表にこの事を伝え、最低でもこの一年は辞められないと伝えました。

正直1年半も待ってくれないだろうな〜って思っていましたが、快く待っていてくれたので本当に安心しました。

 

 

 

 

仕事を辞める時には基本的には遅くとも3ヶ月前くらいには上司に言わないといけません。

病院によっては1年以上前に言わないと辞めさせてもらえない所もあるみたいです。

どこの病院も看護師不足で一人でも離したくないと考えています。

 

 

私も師長さんとの面接をした時に

 

「人が足りない」

「今いなくなるのは病棟にとって凄く痛手」

 

など辞めて欲しくない理由をたくさん言われました。

 

 

でも

それは私のせいじゃない。

たかが私(管理者でもないいち看護師)1人がいなくなって回らないような組織を作っている管理者の能力を見直すべき。(厳しい言い方だけど)

1人や2人辞めても大丈夫ぐらいの人事をしておくべき。

元々看護師に人事権なんかないのにこういう時だけ言われても困る。

 

 

等言いました。

 

「私自身が欲しい」

ではなくて

「誰でもいいから看護師が欲しい」

「私と同じ能力を持っている看護師なら誰でもいい」

言い方を変えるとそういう風に聞こえました。

 

私も病院で働いていたので、常に看護師の人手不足は知っています。

人がいない時の勤務は本当に辛いです。

なので人がいなくなる事は厳しいは知っていますが、

 

病院の人事 と 私の人生

 

を天秤にかけた時

簡単に答えは出ました。

なので私は迷う事なく病院を辞められたし、師長さんに自分の意見を言う事に対して何にも抵抗なく出来ました。

 

 

病院は私の人生に責任を取ってくれません。

 

 

もしあなたが日本に数人しかいないようなすごい技術の持ち主で

そこの会社でしか働けないというなら仕方ありませんが、

私達は日本という恵まれた国21世紀に生まれています。

日本には腐るほどの会社の数があり職種があります。

会社は本当に

 

”あなた自身が欲しいのか?”

 

もしあなたがその会社にとって凄く重要なポジションだったり重要な働き方をしているのならば、

辞めない方法を向こうが提示してきてくれると思います。

例えば、

留学に行きながらでも出来る仕事を与えてくれたり

留学期間中だけ休職扱いにしてくれたり

など色々な対処方法をしてくれると思います。

 

会社にとって本当に必要な人材なら、それなりの対応をしてくれます。

 

なので

「会社が辞めさせてくれない」

ではなく

「会社を辞める事が出来ない自分」

 

にフォーカスを当てて物事を考えてみるのも良いと思います。

 

 

 

 

 

人生は一度しかありません。

 

 

 

自分の人生は自分で作るものです。

誰も責任は取ってくれません。

今自分が何を思い、何を感じているのか、どうなりたいのか

を真剣に考えれば自ずと答えは出てくると思います。

 

もちろん会社を辞める事が全てではありません。

その人なりのやり方があると思います。

なので、自分にあったやり方で自分のやりたい事をやっていけば良いと思います。