必見!銀行口座の作り方について

 

ども

 

Koheiです

 

 

本日のウォールペイントはこちら

 

この黄色いキャラクターはダブリンのいたるところに隠れキャラとして見つけることができるので皆さん探してみてください。

 

 

さて、今日はアイルランド生活で必要となる銀行口座の作り方について。

まず、アイルランドの主要な銀行を2つ紹介いたします。

 

AIB

 

 

BANK of IRELAND

 

 

この2つがアイルランドでよく見かける銀行ですね。

今回僕はAIB BANKで銀行口座を開設しました。

 

 

まず必要なものを羅列していきます。

ちなみに絶対必要なものは★あればいいものは▲で書いていきます。

 

★住所証明書

(住んでいるところの公共料金の支払い書※自分の名前が記載されているもの。もしくは仕事先のジョブレター、ホームステイの方はホームステイ先の在宅証明書)

★パスポート

▲スクールレター(学校に問い合わせると作れます)

▲GNIBカード

▲PPSナンバーカード

 

以上です。

※ちなみに住所証明書は、PPSナンバーを取得した後オンラインでの登録が必要になるのですが、その後に郵送される書類も適応されます。

 

 

①アポイントメント

必要書類を持って銀行に行きましょう。銀行の窓口で口座を開きたいことを伝えるとアポイントメントを取るようになりますので、都合のいい日にちで取りましょう。都心部から少し離れたところだとその日に手続きできる場合もありますので、自転車などを持っている方は郊外の銀行で試してみてください。

 

②手続き

アポイントの日にちに到着したらアポイントをしていることを伝えれば手続きが始まります。必要書類を持参していきましょう。その日のうちに口座番号は取得できます。インターネットバンキングの手続きは別途になるので、面倒な方はその旨も伝えると行ってくれます。また、日本と異なり、カードのPINコードは向こうが設定するので忘れないようにしましょう。

 

③カードの取得

手続きが完了したら1〜2週間後に登録した自分の家にカードが届きます。カードが届く日にちは個人差があるのでそこは辛抱しましょう。もし不安に感じた方はお客様案内に電話しましょう。

 

銀行口座は仕事をする上で必要になるので取得できる方は早めに取得しましょう。また、仕事を始めてからおそらく仕事先に早めに取得するように言われますのでジョブレター以外は準備しておきましょう。さらに、賃貸によっては銀行引き落としという友達もいたので、銀行口座は早めに作って損はないかと思います。

 

 

以上が銀行口座の開設でした。

 

では、また!

 

 

Kohei

 

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考