【第11回Oneproject応募者必見】〜どうやってOneになったのか〜No.3 2次面接編

こんにちは!最近さむかったり暑かったり、絶賛風邪引いてます10代目アメリカOneのきっちーです😎🇺🇸

さて今日はですね、前回に続きましてOneprojectの選考の流れ(僕の場合)を書きたいと思います!

現在アメリカにいる7代目アメリカOneのかなさんのブログを僕が選考中見まくって頑張ったように、11回を応募される方の力に少しでもなれれば…!と思いますので、おつきあいください😚

カナさんのブログはこちらから

 

一次面接が終わり数日するとOne project teamからメールが…!

2次面接官の方からのメール!お!これはもしかすると!

ドキドキしながら読み進めていくと合格!

その日ニヤニヤしながら仕事したのを今でも覚えてます。笑

そしてメールには続きが

2次面接では会社や留学を知ってもらう為の『あなたなりのプロモーション内容と方法』についてお聞きします

プ、プロモーション…。

ってなんだー!!!!!

 

さっそく他のOneの方のブログを漁る。

他の人はどんな事してるんだろう。うわぁすごいなぁ。みんなそれぞれ個性や夢への力を最大に出してて、僕は何が出来るんだろうと思いました。前回もお伝えしましたが、本当に自分を見つめ直す時間が増える。ほぼ24時間考えた。

 

一次面接官の徳井さんには面接終わりに

『隼人さん(きっちー)にしか出来ない事や強みがこの一次面接でお話ししていただいた内容の中にたくさんあったと思います。それを活かせるように考えてみてください』と言っていただきました。

僕にしか出来ない強みってなんどろう…。

考えた末出た答えは皮肉にも僕がゲイだという事実

カミングアウトの記事を書いた時にもちらっとお話ししましたが、昔の悩みだった事実が今の僕の最大の強みなんだという事に気がつきました。

よし、それで行ってみよう。もしOneになったらみんなにカミングアウトすることになるという覚悟を決めてプロモーションを考えてみました。

正直ここが一番つらかった。笑

ゲイだからって何ができるんだとかどう表現すればいいんだとか、とにかく考える毎日。

ただ居るだけじゃだめなんだ、何か人を引きつける何かが無いと。

そこで僕は特技を組み合わせる事にしました。

 

Next page👉👉👉