【第11回Oneproject応募者必見】〜どうやってOneになったのか〜No.2一次面接編

深呼吸をして通話開始!最初厳しそうな人がでてくるのでは…。と思っていたがしかし!そこには優しそうな女性が!

一次面接官の徳井さんはほんとに優しい印象で、面接という緊張をすぐに取っ払ってくれました。笑

だからこそ本音が聞けるんだと思いました。

 

聞かれた事は覚えている範囲で2つ

•どうして留学しようと思ってるのか

•どこに留学したいのかとその理由

たしかそうだった気がする。笑

僕自身緊張していたのと、いろんな話もしたのでちょっと記憶がぼんやりしてますゴメンナサイ。笑

 

さてどう答えたかというとですね。これも覚えてる範囲なんですけど←

最近まで留学を意識してなかったし留学と縁もない人生でした。でも新しい仕事を始めて英語を勉強するようになって、

もっと勉強したい!と留学を意識したからです

アメリカに留学したいのは、国外の同性愛についての意識調査がしたいと考えていて。アメリカならではの様々な人種や人がたくさんいる環境の中でいろんな意見を聞きたいと感じました。それがアメリカを選んだ理由です。

まとめるとこんな感じの事をいいました。

将来の夢は結婚で…。あ!僕はゲイです!

なんて急な発言も真摯に受け止めてくれた面接官のみなさん。とっても心強い気持ちになりました😳

正直細かい内容はなんて言ったのか覚えてないんです。一字一句いいたい事を暗記して喋るのではなくて、全部聞かれた事に正直に答えていたからです。僕を含め歴代のOneの方達がそろえて言うのが『正直に話す』が一番大切。

これから受ける人にやってもらいたいのはそれ。

なんで留学に行きたいのか、どこに行きたいのか。真剣に考えて正直に答える。

それが一番近い道だと思います。

 

この一次面接で僕は

本当に自分は留学したいのか、なんで留学したいのか、留学してどうするのか、自分の強みは何なのか。

数日間ずっっっっっと考えました。笑

何度も言いますが、こんなに真剣に留学について、自分の将来について考える機会を与えてくれたこのプロジェクトには本当に感謝しかありません。それは例え受かっていなかったとしても同じだと思います。

 

受かる受からないは関係ない、応募する事で既に大きな一歩!だって知恵熱でるくらい考えたもん。笑

こんなチャンスめったにありません。このブログを見てくれてる人も11回のOneprojectに興味がある人も

大事なチャンスはしっかり自分の手で掴んでください。

さ!今日もいい事言えた/// ので今日はここらへんで!

 

最後にこの前アメリカにいった時のグランドセントラルステーションの写真を!

東京駅みたい!でかい!人多い!きれい!買い物も出来る!乗り換えもすごい!

な駅でした♫

よかったらSNSもfollow meeeee!!

Twitter  @jmpyeah

instagram  @lockmonkey8810

see ya!