【アイルランド留学】Softboy Recordsって何処ですか!!!!!!??

前回行ったONRAのイベントで観たアーティストがとてもかっこよくって

あの日から寝ても覚めても忘れられない…

 

 

ストーカー並みにネットでググってたら

遂に発見することができました☝🏻

Wastefellow

https://nialler9.com/wastefellow-shows-his-post-human-potential-ep-listen-in-full/

まさかまさかの、前回ご紹介したダブリンで現行活躍されているKOJAQUEと同じレーベル”SOFT BOY RECORDS “に所属しているとのこと。

うをーーーーーーーー。

すごいすごい、なんなんだこのレーベル。

ダブリンのストーンズスロウか。😎

 

で、つい先日新譜がリリースされたようで

ちょうどこの方を見つけ出せた、そう。

今日(10/24)に

ダブリンのライブハウスでレコ発イベントがあるとの事。

これは、なんたるや奇遇。絶対に行きたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

よく詳細すらもわからなかったけど

とりあえずネットからまだチケット予約できたので、左クリックでゲット。(マウスもってないけど🐀)

今日の予定ねじ込んだのも束の間。

こういう日に限ってお気に入りのお洋服洗濯中あるあるなので、しかたなくも適当な格好。

(予定は未然に建てたい派)

 

でまあ行ったら大後悔……🤮

みんなどこから来たのか、とお尋ねしいくらい👂🏻

ダブリンでこない人みたことあらへんでベクトル振り切れん指数。

オシャレな、人たちがたくさん居ました。

身内感もまた騒々しく外野ごころ高鳴ります。…私大丈夫かしら。

 

そしてまさに1人あるあるですが

転換時の心の持ちぶされようったら、孤独死します。

あんまり早く行くのが好きじゃないので

オープン1時間後に行ってみたらちょうど良いかなと思ってずらしたのに

全然誰もおらず、初っ端からビール片手に端っこでポツンとしてしまいました。w

一体何時から始まるんや。w

 

SONOGO……..30、40分後に。

バンドマンらしき若者がわらわらとステージに登っていく…🚶‍♂️🚶‍♂️🚶‍♂️🚶‍♂️

お客さんの雰囲気やステージの佇まいが、なんとなくシングストリートっぽい。hehe

なんて考えながら始まる前ぼんやり眺めていたら………

 

 

んんん。

なんかみたことあるヴォーカルの顔。

なんだっけなんだっけと思うに。多分、春にレコードストアデイのall cityインストアイベントでDJしてた子な気がする。

https://instagram.com/p/Bh3t8kRl53l/

そしてこの子のDJめちゃくちゃ良かったような…..

記憶は不確か。

 

 

始まる演奏。歌い出すボーカル。

https://instagram.com/p/BpW7lMejRkj/

うをーーーーーーーーーーーー

どちゃくそかっこいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

なんてかっこいいんだろうか。

びっくりして思わず前方にに移動してしまいました。

呑み込まれる。

やっぱりあの子だ!と、確信しました。

 

 

 

 

タタタタ、楽しい。

完全に身内ノリなイベントでワイワイがやがや。

私なんか浮きに浮いていましたが

孤独の恥ずかしさなど演奏とともに忘れさせてくれました。とても素敵なグルーヴ感溢れんばかり。

身体が揺れます。

すごい勝手なレコメンですが。

マックデマルコの次世代ダブリンボーイ。

彼らはバンド編成なのと、アイルランド感たまらない空気のもってきようが、インディーズをぶっ叩き、年齢も雰囲気をも虜にさせられる、一曲の五分間と。次に繋がる時間は彼ら次第感が揺さぶる、ライブパフォーマンスでした。

置いてけぼりには決してしない、必ずお尻に、連れ戻される感は、ドラムベースが誘っているなあ、って。襟元正されます。

サックスの距離感が尚いい。