15絵本作家のアイルランド生活「マラソン大会に参加」

昨日10月6日、アイルランドのゴールウェイで

Galway Bay Marathon

というイベントがあり、そこでハーフマラソンを走ってきました。

 

 

元々小中高とバレーボール部で運動はしていたけれども、

大学に入ってからはさっぱり。

 

 

健康のために、何かしないとな~と思っていた時、

4月末から6月までいた、アイルランドの農場ボランティアで、2人の女の子と一緒に住む機会がありました。

最初の1か月は日本人で、その方が去った後に来たのがフランス人の女の子。

 

まさかの2人とも走る人だった。

 

 

1人目の日本人の方は、

「腕はぱんぱんだけど、下半身が疲れていないから」と農場で働いた後もほぼ毎日走りに行く人。

 

2人目のフランス人の女の子は、週末に走りに行く人。

「勝ち負けじゃなくて、走ったら頭がすっきりするから」って。

 

なんとなくフランス人の女の子のジョギングについていったことが2度ほどありますが、

喋りながら走りながら1時間走れたので、私やるな~な気持ちでした。

そしてこの時に、走る=頭がすっきりする を学ぶ。

 

 

てなわけで、農場を終わりゴールウェイに移った7月頭に

ランニングシューズと服を買い、少し走るようになったのでした。

(7月は週3ほど走り、8月は週2ほど走り、9月は週1も走ってなかったけど)

 

そんな丁度走るのがよいことだと思っていた7月に

新聞だかで、ゴールウェイでのマラソン大会を知り、応募。

参加費€45もしたけど、まあいい経験かな、の気持ち。

 

 

前置きが長くなりましたが、昨日がその本番でした。

 

 

 

 

今回私はハーフマラソン(21㎞)に参加。

 

 

 

元々フルマラソン(42.195km)走ることに興味があったのに

なぜハーフマラソンを選んだかって、フルマラソン走る勇気がなかったからよ。

 

 

また私の大好きなコミックエッセイストのたかぎなおこさんの著書に

『海外マラソンRunRun旅』という海外のマラソンイベントに参加したお話をまとめた本があって、

イタリアのマラソン大会では給水所でワインがでたりするらしい。なにそれ面白そうだな~と。

 

それを読んだときに「海外でも参加できるのか」とぼんやり思うくらいでしたが、

昨日なんとなくしてみたかったことが叶いました。