母と彼氏の誕生日にセブから沖縄へ手紙を送ってみた

 

3ヶ月の留学生活、、

実はこの間に、母の誕生日、彼氏との1年記念日、私の誕生日、彼氏の誕生日とイベントが盛りだくさん !!ww

 

 

留学中に海外から日本へプレゼントを贈る人もいますが、

私は3ヶ月の期間なので、帰国後に一緒にお祝いしようよ思い、お手紙を送ることにしました

 

メールや電話でもちろん連絡は取れるけど、やっぱり手紙の方が気持ちが伝わる気がするしね(⌒▽⌒)!

 

そう思い立った私はそれぞれの日に合わせて、

誕生日にはBirthday card、記念日にはお手紙をそれぞれ送りました(⌒▽⌒)

今回はセブから日本への手紙の送り方をシェアします〜

 

①カードをゲットする

これは母の誕生日用に購入したカード

3DACADEMYの下のJYスクエアでゲットしたよ

フィリピン人はものすごく家族を大事にするみたいなんだけど、それがカードを探してても感じた😳

ひとつひとつのカードにTo.my motherとか書いてあるんだけど、それが

To.uncle To.aunt  To.son  To.father  To.sister などなど、、家族宛のBirthday cardがたくさんあったのです!

日本でこんな感じのカードみたことなかったなぁ

そもそも日本で手紙やメッセージカードを作って書くことはあっても、こんな風にBirthday cardを買って書くことはなかったなぁ(^^;)

 

もちろん離れた友達や恋人へのメッセージカードもあって、それぞれ購入して書き書き、、、

 

こんな感じで住所を書いて、あとは送るだけ!

 

②カードを送る

SMシティの中にあるGoverment Service Expressここで手紙を送ることができます

入り口を入って右側に発券機があるので、左上のPHL POSTを選択して番号を受け取ります

あとは順番を待ちます

平日の6時頃いったけど全然混んでないです

けど前の客いないのに、化粧直しし始めて待たされることもありました笑

いやいや、待ってますって、なんならがっつりあなたたち見えますって、😂

そんとき20分くらい待って、耐えきれず番号呼ばれてないけど窓口行ったら

ほんの30秒で手続き終了。。。笑

 

そう、すぐ送れる!!

ただ窓口で

「I want to send a letter to Japan」

て簡単に手紙を日本に送りたい旨を伝えたら、窓口の人が手紙の重さを測ってくれて、

切手代を払うだけ!

これまで3回手紙とBirthday cardを送ってそれぞれたったの45ペソ(約95円)

 

あとは切手は貼ってくれるので、お金を払ったらおしまい

ちなみに封筒に封をするためののり持ってなくて開いたまま持って行ったけどのり貸してくれた(⌒▽⌒)

 

手紙は2週間くらいで届いて、母も彼氏も喜んでくれました〜(≧∀≦)❤

プチサプライズ〜!!!!

 

LINEでメッセージを送るよりも、ビデオ通話するよりも、手間も時間もかかるけど

その分想いをたくさん文字に込めて、届けることができるから手紙送るの好きだなぁ

 

現地のポストカードを買ってそれを送るのもいいね〜

あと1回くらい送れたらいいな〜

 

SNSもwelcome〜

留学ライフ、今までの旅ポスト、沖縄ライフ投稿してます✈

(インスタ更新率だいぶ高めです笑)

Instagram👉https://www.instagram.com/assaaa

Twitter👉https://twitter.com/__Asan_

fecebook👉https://facebook.com/asano.higa.94