【海外渡航】何を準備したらいいの?

どうも!!
ようやく留学ブログっぽいことを執筆します!!
今日は、海外渡航において何を準備するのかをテーマにします!
今回私はワーホリでの渡航になるので、ワーホリを軸にしてお話ししていきますね。
1年以内にワーホリで海外に行こうと決めたらまずはビザ申請が必要です。
申請をするにあたって、こちらのサイトがかなり参考になりましたので
ご紹介させて頂きます。
2018年度 – ニュージーランド ワーキングホリデービザ(Working holiday visa)の申請方法
私は↑のサイトに記載してある通りに申請しました!
申請自体は30分くらいで出来たので、エージェント経由でお金を払って代理申請してもらおうと思っている方は
踏みとどまって考えてみても良いかもしれません。
それにお金を5000円~1万円支払うのなら渡航費用に使ってほしいからです。
これを自分でやることによって、気持ちですが英語に慣れて色々学べることもありますし、
これからの自信に少し繋がると思います。
ただ、気をつけてほしいのはレントゲン撮影が必須となっているので、
事前に病院に日にちを確認しておくことが重要なポイントです。
その辺りも詳しく書いてあるので、ビザ申請については問題ないと思います。

ビザ申請が下りたら、
・学校の手配
・保険の加入
・航空券の手配
・ホームステイかルームシェアか決める
・宿泊先の手配
・持ち物の再確認
・日本での手続き
・(英語で)英語の勉強
上記の項目さえ行っていれば、ほぼほぼ問題ないと思います。
(そう言っておきながら実はまだ保険の手配をしていません…今書いていて思い出しました。汗)

今回、学校、ホームステイ先の手配はOne project経由でお願いしました。
学校、ホームステイ共にとりあえず1ヶ月で申し込んでいます!
他にも同じように無料エージェントがあるので、
そこを介して学校の手配をするのも一つの手段ですね。

実は私、2016年の夏からカナダにもワーホリで渡航しており、
その際は無料エージェントを使いました。
学校、宿泊先、保険、航空券、ほぼほぼの手配をお願いしました。
困ったときにすごく助かりました。
今回は、ある程度のノウハウがわかったので航空券は自己手配しました。
航空券の手配をする際に、往復か片道か、迷われている方が多いと思うのですが、
私がおすすめするのは片道で手配することです。
なぜ片道なのか。
カナダへ行った際に、右も左もわからない状態で1年間有効の往復チケットを購入していたのですが、
もう少しカナダに留まりたいと思い、ビジタービザ申請をして少し滞在期間を延ばしました。
1年を超えたので、復路のチケットは無効となり新たに片道のチケットを購入することとなりました;;
先のことはわからないので、そういった事態に備えて片道で手配しておくと良いと思います。
現地に行ってから、現地サイトで復路を購入した方が、安くつくなんてことも多々ありますしね!
なんせ初期費用も抑えられますし^^

不安な方は旅行会社を介してチケット購入されるのも良いですが、
おすすめはやはり自分で手配することです。
仲介料で結構マージンを取られていることがあるので、ここも節約していきましょう!!
日本語のサイトでも、安いものもありますので、いくつかのサイトで比べてみるのがおすすめです。
次回は、持ち物についてUPしていこうかと思っています^^
これが、意外と結構時間かかる準備物とかあるんですよね;;
その辺も含めてお役に立てる情報をUPする予定です!!

≪前の記事へ | Sakiの記事一覧 | 次の記事へ≫

質問・ご相談などあればこちら↓またはプロフィール欄からお気軽にお問い合わせ下さい。
【twitter】@Saaakiii20
【Facebook】

【リニューアルしました】Sakiの新しいブログ