【ニュージーランド留学】二次面接でどう自分をアピールするか

宿題があるというわけで、一次面接よりも緊張度は高め・・・
面接官の方は物腰がやわらかな雰囲気ですが、気を抜かずに自分らしく。

結構、このブログを書いている皆さんに多いのは、
ある程度おおまかにどういったことをしたのかを記事にしている方がほとんどでした。
そこで私はこれから同じように面接を受ける方の参考になればと、
覚えている範囲で、正直に書けるだけ書いていこうと思います。
これから、私のプロモーション内容について記載しますので、
これを見たら自分のためじゃなくなってしまう!
または、この面接のくだりはどうでもいい~
という方はこの記事を飛ばしてご覧ください。

どうしても人の意見を見たり参考にすると、自分らしさを失ってしまうこともあるかと思います。
それでも、自分は変わらないぞという方や、
これから何かをしたいという方、何も考えてないけどなんとなく見てみよう
と思っている方のために書いていきますね。

その前に!

下記の文章を読む前に、あなた自身のプロモーションを考えてみてください。
そうすればきっと自分を見つめなおす機会にもなり、
ああ、ここが足りてないな~とか、
もっとこうした方が良いな~というアイディアが浮かんでくるはずです。

私が行ったプロモーション、それは・・・

①小学1年~6年生の間、友人との会話は筆談。(場面緘黙症)
 そんな私がどうやって海外に飛び立てるようになったのか記事にすることで
 今、同じような状況で悩んでいる人達の励みになるようなブログを書く
②様々な職歴や経験から、色んな視点でブログが書けるということ

③週に2、3回は更新(うち1回は英語での更新(渡航後))

上記3点を元にアピールしました。

え?あれだけためておいてコレ?
パッとせんなぁ~と思う方もいるとは思いますが、
それはその後どう口頭でアピールするか、
自分の熱意をどれだけFaith to faithで伝えれるかという所にかかっていると思います。

さらに上記2点については、なんのことや・・よくわからへんと思われる方がほとんどだと思いますので、
この面接に関しての記事が終わり次第ブログで明かしていきます。

二次面接でも改めて、このプログラムを終了したときにどうなっていたいですかと聞かれました。
自分の心に正直に向かい合って本当に思っていることを素直に伝えました。

そんなこんなで二次面接も無事合格しました。
何が本当に大事かといえば、まさにPassion(情熱)!!!!
内容どうのこうのより意志の強さ!
最終的にはそれが一番大事だと感じています^^

次回はいよいよ「ラスボス登場(最終面接)」です!!

お楽しみに~~^^
≪前の記事へ  Sakiの記事一覧  次の記事へ≫   

質問・ご相談などあればこちら↓またはプロフィール欄からお気軽にお問い合わせ下さい。

【twitter】@Saaakiii20
【Facebook】

【リニューアルしました】Sakiの新しいブログ