おすすめテキスト① -TOEIC reading編-




Minaです!

自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね

☞Minaの自己紹介を読む

今日はTOEICを受験するにあたってのおすすめテキストについて書いていこうと思います。

私自身、TOEICは870点を今年の6月に取得しています(大学2年次)。

ちなみに点数の変遷は、690点(大学1年4月)、810点(大学1年9月)、そして870点(大学2年6月)です。

この点数が決して珍しがられるほど高いわけではないことは承知のうえですが、私なりにTOEICのおすすめ勉強法やおすすめ対策本を紹介していけたらと思っています。

 

解きまくれ!リーディングドリルTOEIC TEST

 

まずおすすめしたいのが、解きまくれ!リーディングドリルTOEIC TEST Part 7です。partは何でもいいのですが、多くの人がpart7を苦手としていると思うのでこれを紹介します。わたし自身もpart7で苦しんできたのですが、これでかなり慣れて問題を解く速度が上がりました。まず、手にとってみるとよくわかるのですがとても分厚いです。これだけやれば十分だという自信をつけてくれるテキストです。文法・語彙・実践問題が収録されており、正直この一冊さえ仕上げればリーディングに関しては自信を持ってTOEIC試験に望めるようになると思います。リーディングに関しては細かい文法や語法をコツコツ固めるのも大事ですが、ある程度基礎ができてきたらとにかく練習問題で量をこなすのが大切だと思います。

 

 

TOEIC L&Rテストレベル別問題集 860点突破

 

あんまりがっつり勉強する時間がとれないけど、ぱぱっと重要な問題演習をしたい!という方にはTOEIC L&Rテスト レベル別問題集 860点突破 (東進ブックス レベル別問題集)がおすすめ。わたしはこれで基礎を2・3週くらいして目標スコア860を上回る870点をマークしました。時間のない日でもこの教材を1日1セクションは必ずやっていたので、これによって培われた基礎力のおかげだと思っています。この本は本当に薄くて持ち運びやすいので、大学や会社に持っていくかばんの中に入れて電車の中や休憩中にでもパッと取り出してその場で勉強できるのがメリットだと思います。「860点を目指したいけど、何からしたらいいかわかんない!」という人にはまずこれを何週かして基礎固めをすることをおすすめします。

 

 

公式TOEIC Listening&Reading 問題集3

 

まだまだ時間にもお金にも余裕があるから、本番形式の問題集にトライしたい!という方には公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3 がおすすめ!私が使ったのはこの最新版ではなくもう少し古いバージョンのものでしたが、やはり公式版ということで信頼性もありますし、「こういう問題が実際に出るんだ!」と感じることができるので本番前に何度か模試をやってみたいという人にはおすすめできる教材です。ただ、これは模試用!と言ってとっておくと、なかなかやらずに時だけがたってしまうことが多々あります。というのも、TOEICの試験時間、約2時間も自主的に模試に費やせる人はあまりいないと思われるからです。わたしもなかなか忙しくて時間が取れなかったり、なんとなく気が向かなくて使わずにTOEIC本番の1週間前くらいになってしまい「やらなきゃ!」といってやっと使ったテキストでした。ストイックに頑張れる人には模試として使うのがおすすめですが、「ちょっとそれはきついかな」という人は模試だと思わず時間のあるときにちょこちょこっと進める教材として使ってもいいと思います。とにかく本番にどんな問題が出てくるか、時間配分はどのくらいかというところに慣れられればOKだと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか?本当に自分が使ってみて効果を感じられた3つの問題集を紹介しました。TOEICテスト対策は短期集中的に効果的なテキストを使って勉強するのがおすすめです。ハイスコアをサクッととってキャリア選択の幅を広げましょう!

 

この他にもTOEICなどの英語学習関連記事・留学関係の記事も書いていますので、ぜひほかの記事も読んでくださいね!

【1週間無料で学習できる!】スタディーサプリでTOEIC対策!

☞Minaの他の記事を読んでみる

 

Twitterで興味分野(国際教育・国際協力・英語教育など)について発信しているのでよかったらみてください!

☞MinaのTwitterを見てみる

それでは!Bye〜!

 

ブログ裏話:TOEICを受験する国って日本と韓国がほとんどみたいですね。韓国では日本以上の学歴社会でTOEICの替え玉受験が問題になることもあるようです。驚き!

 

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考