マルタの外交と軍事ー欧州連合を見つめてー【Tales of Letters】

みなさん、こんにちは!

さてさて今回も続きをすすめて行きましょう!✨

今回のテーマは

外交・国防‼

少し難しい内容ですが、お付き合いくださいね。

 

いつも通り、外務省マルタ基礎データから)

[https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/malta/data.html#section2]

 

1 外交基本方針

2000年2月より開始したEU加盟交渉は順調に進行

2003年3月に行われたEU加盟の是非を問う国民投票で

賛成多数で2004年5月にEU加盟

現在のマルタはEU及びユーロ圏諸国と緊密に連携

していくことが外交基本方針。

2008年1月には,目標であったユーロ導入が実現しました。

マルタは,

1995年「平和のためのパートナーシップ(PfP)」

に加盟しました。

しかし1996年の労働党政権時代に一旦脱退しています。

2008年3月の総選挙に勝利した国民党ゴンズィ首により

2008年4月にマルタはPfP再加盟を果たしています!

しかしNATOには未加盟なのだとか。

地理的位置から北アフリカからの不法移民問題が懸案

EU全体で対策にとりくむべきという立場を取っています。

2017年前半は初めてEU議長国を務めました。

難民対策を優先事項に掲げていました。

 

2 軍事力

予算 6,700万ドル(ミリタリー・バランス 2017)

兵役 志願制

兵力 1,950人(ミリタリー・バランス 2017)

 

さて、今回はここまで!

ちょっと硬いお話だったでしょうか?><

やはり、ヨーロッパとなるとEUとの関わりを意識せざるを

得ない状況があるのが伺えますね。

次回もどうぞよろしくお願いします^^

 

Miku