日本とアイルランドの文化の違い!

Hi Kahoです!

前回はアイルランドのファッションについて書かせていただきました!

こちらからどうぞ→「アイルランドのPENNEYSって実際どうなの?

 

トップの写真はアイルランドの名所でもあるモリマローンの銅像です!

この日なんでかゴシックな服を着てたので写真に撮ってみました(笑)

今回はアイルランドと日本の文化の違いについて書きたいと思います!

 

・ダブリンバスはクレイジー

ダブリンの交通手段で一番大切なのはバスですが、ダブリンバス、手を上げないと止まらないんです!

日本のバスだったら誰かいたら止まったりしてくれますが、ダブリンバスは手を上げないといけません(笑)

しかも、バスが主流なので同じバスストップに何台もバスが止まったりするので、たまに通り過ぎられりします・・・笑

あとは、バスの中が満員だと運転手が判断したら手をあげていてもスルーされます(笑)

それ知らなくって一回バス追いかけたら「いっぱいだから!!」って窓開けて言われました

 

あと、一応バスが来る時間は決まってるんですが、始発じゃない限り時間通りにこないことが多いです

なので、何台かバスが止まるバスストップには電子掲示板が設置されていて、バスがあと何分で来るか表示されています!

↑こんな感じ

でもこれも正確じゃなくて、全然来ないときもあるし、来ると思って待ってたら突然表示が消えてバスが来なかったりします

これで何回も騙されました笑

一回もうすぐ来るはずだったのに時間もう一度見たら3分が56分待ちにかわってて「ええええええええ!?!?」ってなって1時間待ったことがあります(笑)

なので絶対遅れられない用事があるときはバスは使わないかはやめにでることをおすすめします・・・

あと、バスは2階建てなんですが、2階に乗ってると木の枝が窓ガラスにめっちゃぶつかってすごい音がしてびっくりします笑

 

・トイレについて

もちろん便座があったかくないとかウォシュレットがないのはもちろんですが、

ボタンを押しても流れにくいです(笑)

というか1回目は流れても2回目はすぐ流れません。たまに1回目でも流れません。

公衆トイレはないですし、ショッピングモールのトイレもお金を払わないといけなかったり、

スタバでトイレだけ行こうと思っても、トイレに入るときにロックがかかっていて、店員さんに聞かないと番号を教えてもらえないです!

マクドナルドだけは誰でも使えるので、cityのマクドナルドのトイレは混んでるし汚いです(笑)

 

 

・シャワーもクレイジー

シャワーは基本的には普通に使えるんですが、3階建ての家に住んでるときは、水を下からくみ上げる式のシャワーらしくて、暖かいお湯が出るまでめっちゃ時間かかりました(笑)

たまにすぐ出るときもあるんですけど、10分くらい出しっぱなしにしないと出ないときもあったりして、大変でした

今の家はなんか1日に使えるお湯の量が決まってるのかよくわからないんですけど、たまにぬるつめたいのしか出ないときがあって、浴びたいときに浴びれなかったりします(笑)

あとは、シャワーのタイプにもよるんですけど、ホームステイではお湯を作るときにものすごい音がするシャワーもあって、かなりの騒音でした笑

なので10時以降は浴びたらいけないって言われて、夜遊んだときは浴びれないし、朝早くも浴びる勇気がなくて浴びれない日もあったりしました笑

 

・学割がおおい!

ちょっとマイナスなことばっかりなので、プラスのことも(笑)

日本にも普通にあるので、違いってわけじゃないですけど、なんでも学割できます!

ちなみにstudent leap cardっていうカードが3か月以上学校に通う人が作れるみたいでそれがあると学割できます!

マクドのセットもeasonっていう本屋さんもBootsっていう薬局でもカード持ってれば10%OFFに!

あと、ダブリンバスも電車もカードにお金をチャージして使えば勝手に割引になってます(pitapaみたいにチャージしてタッチすればのれます!)

こないだびっくりしたのが、TOPSHOPでも割引ができて、10%OFFです!!!いつでも10%OFFすごいですよね!

学生最高です笑

 

とりあえずこんな感じで・・・笑

他にもいろいろありますが、ひとまずここまでで。

いろいろ驚くことも多いですけど、日本と比べていいところも悪いところもあるし、慣れるとそんなに気になりません(笑)

でもシャワーはちゃんとお湯でてほしいなあ・・・

 

See you soon 🙂

Kaho

 

リアルタイムでアイルランドでの留学生活を更新しています↓↓
instagram ☞ kh.419
twitter ☞ @kahosn1

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考